クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

【2019年 春版】マイネオのsimカードが使えるおすすめ端末・機種まとめ

最終更新日:2019/05/16

マイネオはSHARP、HUAWEI、ASUSなどの最新スマホ端末を取り扱っており、iPhone XS/XRなどの人気機種も動作確認済みとなっているので、幅広い種類の端末を使うことができる。

ここではマイネオが使えるおすすめのスマホ端末を紹介し、各メーカーの機種の特徴を記載していく。

自分の希望する性能や予算に見合ったスマホ端末を探し検討していただきたい。

マイネオ

画像引用:https://mineo.jp

1.マイネオが使えるおすすめスマホ:SHARP AQUOS zero SH-M10

SHARP AQUOS zero SH-M10はSnapdragon 845という高性能CPUを搭載しており、RAMは6GB、ROMは128GBと高負荷のゲームをプレイしたり複数のアプリを起動したりしてもスムーズに動かすことができる。

SHARP製有機ELディスプレイによって高精細かつ自然な色合いの映像を6.2インチの大画面で楽しむことが可能。

背面カメラは2,260万画素と高機能、さらに画質エンジンPropixを搭載していることでノイズが目立ちやすい夜景を撮影する場合でも綺麗に撮ることができるので、場所を選ばず写真撮影を楽しめる。

SHARP AQUOS zero SH-M10
発売日 2019年4月9日
価格 103,680円(税込)
OS Android 9
RAM/ROM 6GB/128GB
CPU Snapdragon 845
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.2インチ
サイズ 154 x 73 x 8.8(mm)
重さ 146g

2.マイネオが使えるおすすめスマホ:HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Proの特徴として最も目立つのは背面にLeicaトリプルカメラを搭載している点だ。

それぞれ広角4,000万画素、超広角2,000万画素、望遠800万画素と役割があり、この記事で紹介する他の機種に比べて圧倒的な性能を持っている。

また、CPUはKirin 980というHUAWEIが独自に開発したものを搭載しており、RAMは6GB、ROMは128GBと非常にハイスペックな仕様となっている。

超広角カメラにより普段人が見ている景色に近い画角で撮影ができたり、高画質のマクロ撮影や、夜景などの暗所での撮影もAIによって最適な設定で撮ることができるので、写真にこだわりたい人にはおすすめの機種だ。

HUAWEI Mate 20 Pro
発売日 2018年11月30日
価格 92,469円(税込)
OS Android 9
RAM/ROM 6GB/128GB
CPU HUAWEI Kirin 980
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.4インチ
サイズ 157.8 x 72.3 x 8.6(mm)
重さ 189g

3.マイネオが使えるおすすめスマホ:SAMSUNG Galaxy S9+

SAMSUNG Galaxy S9+は背面カメラにデュアルアパチャーという光を感知して自動で最適な設定にする機能を搭載しており、暗い場所では光をより集めて明るく高精細な写真を、明るい場所では白飛びを抑えくっきり鮮明な写真を撮ることができる。

また、1回の撮影で0.2秒間録画したものを6秒間かけて再生するスーパースローモーション機能を内蔵しているので様々な用途で撮影を楽しめる。

CPUはSnapdragon 845を搭載、RAMは6GB、ROMは64GBとハイスペックなので負荷のかかるゲームも快適に動かすことが可能だ。

SAMSUNG Galaxy S9+
発売日 2018年5月18日
価格 99,792円(税込)
OS Android 8.0
RAM/ROM 6GB/64GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6.2インチ
サイズ 158 x 74 x 8.9(mm)
重さ 187g

4.マイネオが使えるおすすめスマホ:ASUS ZenFone Max(M2)

ASUS ZenFone Max(M2)は2万円台の価格でありながら、Snapdragon 632を搭載、RAMは4GBとネットや複数のアプリの起動など日常的に使う分には十分な性能をもっている。

また、4,000mAhもの大容量バッテリーを内蔵しているので映像を見たりゲームをしたり重い動作をしても、バッテリー切れを気にすること無く使い続けることができる。

ノッチを抑えつつディスプレイを縁いっぱいにまで広げることで、画面占有率88%のオールスクリーンディスプレイを実現した。

背面カメラにデュアルカメラを搭載しており、またAI内蔵のおかげで13種類のシチュエーションの中から自動で最適なシーンを選択、簡単に美しい写真を撮ることができる。

ASUS ZenFone Max(M2)
発売日 2019年3月15日
価格 28,620円(税込)
OS Android 8.1
RAM/ROM 4GB/32GB
CPU Snapdragon 632 SDM632
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6.3インチ
サイズ 158.4 x 76.2 x 7.7(mm)
重さ 160g

5.マイネオが使えるおすすめスマホ:Apple iPhone XS

Apple iPhone XSはiPhone XS Max/ XRと同時期に発売されたモデルで2019年4月時点で最新のiPhoneである。

CPUはA12 BionicというAppleが独自に開発したものを採用し、2つの性能コアが負荷のかかるゲームなどのアプリを処理し、4つの効率コアが日常的な作業を引き受けることで最大限のパフォーマンスを実現している。

ディスプレイはiPhone Xから引き続きホームボタンがなくなり、画面が全て液晶画面となるベゼルレスデザインを採用している。

Apple iPhone XS
発売日 2018年9月21日
価格 121,824円(税込)
OS iOS 12
内蔵メモリ 64GB
CPU Apple A12
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.5インチ
サイズ 157.5 x 77.4 x 7.7(mm)
重さ 208g

6.マイネオが使えるおすすめスマホ:SONY Xperia XZ3

SONY Xperia XZ3はSnapdragon 845、RAMは4GBと高性能で、高負荷のゲームをプレイしても快適に動かすことができ、さらにダイナミックバイブレーションシステムという動画やゲームの音や動作に合わせて端末が振動する機能を搭載しているので、その場にいるかのような臨場感が楽しめる。

また特筆すべきはカメラ性能で画像処理エンジン、イメージセンサー、レンズの全てをSONYが独自に開発したものを使用しており、カメラに力を入れていることがわかる。

一眼レフのようにISO感度、シャッタースピード、フォーカスなどを細かく設定できるマニュアルモードを始め、スーパースローモーション撮影や4KのHDR動画撮影など幅広い機能を搭載しており、スマホで写真や動画をたくさん撮りたい人におすすめの機種となっている。

SONY Xperia XZ3
発売日 2018年11月9日
価格 75,600円(税込)
OS Android 9
RAM/ROM 4GB/64GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6インチ
サイズ 158 x 73 x 9.9(mm)
重さ 193g

7.マイネオが使えるおすすめスマホ:OPPO R17 Pro

OPPO R17 Proはミストグラデーションとエメラルドグリーンの2色のカラー展開があり、特にミストグラデーションはブルーとパープルの2色が混ざり合っている非常に美しいグラデーションで目を引くデザインとなっている。

CPUはSnapdragon 710、RAMは6GBを搭載とハイスペックなので高負荷のゲームや複数のアプリを起動しても快適に操作可能、さらにゲーム高速化モードを使用すればよりスムーズにゲームをプレイすることができる。

ディスプレイのノッチの大きさを最小限に抑えることで画面占有率91.5%の大画面ディスプレイを実現し、映像などを迫力満点で楽しめる。

カメラは背面カメラ1,200万画素+2,000万画素、内側カメラ2,500万画素と高性能で、OIS光学式手ブレ補正機能を搭載しているおかげで手ブレを抑制し美しい写真を撮ることが可能。

また、ウルトラナイトモードによって夜景などの暗いシーンでの撮影も、肉眼で見るのと同等の美しさの写真を撮ることができる。

OPPO R17 Pro
発売日 2018年12月21日
価格 75,470円(税込)
OS ColorOS 5.2(based on Android8.1)
RAM/ROM 6GB/128GB
CPU Snapdragon 710
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.4インチ
サイズ 157.6 x 74.6 x 7.9(mm)
重さ 183g

スマホ端末のみの購入

スマホ端末はauやソフトバンク、ドコモなどの各キャリア、MVNOが提供している回線を契約した上でSIMカードとセットで購入するのが基本的かと思うが、スママなどの中古スマホ販売サイトや個人オークション、家電量販店などでスマホ端末のみを購入することができる。

すでに格安SIMを利用していてスマホ端末のみを変えたい場合は、中古スマホ販売サイトなどであれば最新作から1世代前の端末まで種類豊富で値段も安く手に入るのでおすすめだ。

また、家電量販店であれば実際に最新のスマホ端末を手に取り、動作確認や自分の手に収まるサイズ感など自分の好みかどうかを確かめられ、さらに店舗にいる専門のスタッフにわからないことを聞くことができるので安心できる。

まとめ

マイネオはSHARP、HUAWEI、ASUSなどの端末を提供しつつiPhoneなどの多くのスマホ端末も動作確認済みなので使える端末の幅が広い。

端末購入費用を抑えたいのであれば中古スマホ販売サイトで購入するのがおすすめで、1世代前の機種などたくさんの種類の中から自分の求めるスマホ端末を探すことができる。

また、スマホ端末のみを購入する際は、マイネオの「動作確認済み端末検索」を確認した上でスマホ端末を探すことをおすすめする。