クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

中古パソコンを安く買うならどこがおすすめ?

パソコンは、様々な処理を実行できる高性能なIT機器であるが、世間に広く普及した結果、一般家庭にあってもおかしくない家電機器としての側面もある。

そのパソコンは、高性能なIT機器ゆえに価格も高額となることもあるが、店舗によって価格が異なる場合が多く、販売価格が安い店舗を見つけることが、購入するうえで大切なこととなる。

そこで、ここでは、パソコンが安い店舗とはどのようなところか、や、安いパソコンということで候補に挙がることもある中古パソコンの購入について記載する。

パソコンはどこが安い?

・パソコンの種類のついて

最初に、世間に流通しているパソコンの種類について記載する。

パソコンには、大きく分けてデスクトップパソコンとノートパソコンの2種類がある。

デスクトップパソコンは、パソコン本体とディスプレイ、キーボードが分離しているパソコンで、高性能であるが、サイズが大きく、持ち運びしにくいという特徴がある。

ノートパソコンは、パソコン本体とディスプレイ、キーボードが一体化したもので、サイズは、大きくてもA4の紙の大きさ程度とコンパクトであるが、性能がやや低く拡張性がないという特徴がある。

近年は、ノートパソコンの性能が向上し、デスクトップと同程度の性能をもつノートパソコンも多く登場していることから、パソコン全体の出荷額においてノートパソコンの割合が増えている。

また、パソコンに搭載しているOSにも種類があり、主にMicroSoftのWindowsとAppleのmacOSの2種類があるが、台数的には、Windowsを搭載したパソコンの方が圧倒的に多い。

また、販売されている各種ソフトウェアや周辺機器などもWindows向けがほとんどであることから、購入する場合、macOSでないと仕事ができない、など特別な事情がない限り、Windows搭載のパソコンを購入する方が安心といえる。

・パソコンが安いところはどこか

本題のパソコンが安いところであるが、パソコンを安く購入することを検討する時に思いつくのは、まず、ネット通販か家電量販店のどちらかだろう。

パソコンの販売価格を比べてみると、やはり安いのは、ネット通販で、パソコンを購入する場合は、販売価格だけ考えたら、ネット通販がおススメとなる。

パソコンの場合は、搭載されているOSが前述のWindowsかmacOSであり、操作方法はパソコンによって大きな差はないことから、他の家電製品のように店頭で操作方法などを実物で確認する必要はあまりなく、価格が割高な家電量販店でパソコンを購入するメリットは少ないといえる。

ただ、パソコンを初めて購入するような人やパソコンに詳しくない人は、何もわからずネット通販でパソコンで購入するよりは、家電量販店で店員と相談しながら最適なパソコンを見つけるほうがいいといえるので、ネット通販が常におススメ、という訳ではなく、家電量販店で購入したほうがメリットがある場合もある。

また、ネット通販にも販売会社によって扱っている商品が異なり、メーカーが製造した既成パソコンを販売するネット通販会社のほかに、パソコン製造メーカーが直接販売するメーカー直販があり、安く購入する場合は、メーカー直販のほうがおススメとなる。

メーカー直販は、既成のパソコンが販売しているところもあるが、購入者がスペックなどを選択できるBTOと呼ばれる呼ばれる手法により製造されるBTOパソコンを販売しているところもあり、BTOパソコンのほうが安く購入できる場合が多い。

BTOパソコンのメリットは、前述のように自分の好きなスペック選択できることで、CPUやHDD、SSDといった記憶装置の選択とその容量、メモリの容量、さらにOfiiceソフトやセキュリティソフトの有無などを選択することができる。

例えば、Ofiiceソフトやセキュリティソフトがある場合は、選択項目からOfiiceソフトやセキュリティソフトの項目を無にすれば、その分安くできるほか、記憶装置が高速でアクセスできるSSDであれば、他は高スペックでもなくてもいいような場合は、そのように設定すれば、既成のパソコンより安くなることもある。

既成のパソコンは、自分に必要ないようなソフトウエアが入っていたり、スペックであったりしても変更することはできないが、BTOパソコンは、自分に必要なものだけを選択することができるので、その分安くできるのである。

ただ、どのソフトウェアが必要かとか、どの機能を重視すべきか、などは、ある程度パソコンに精通していないと判断が難しいところなので、パソコンにあまり慣れていないパソコン初心者は、ネット通販で購入する場合、必要なソフトウェアが一通りそろっていて、普段使用するのに十分であるスペックの既成のパソコンを購入したほうがいいかもしれない。

パソコンを購入先の選択は、販売価格も重要だが、自分のパソコンスキルなども考慮して、自分にあった購入先で購入することも大事といえる。

・中古パソコンを購入しても大丈夫か

安いパソコンといえば、新品よりかなり安く販売されている中古パソコンも検討する人もいるだろう。

パソコンは、高額なIT機器のため中古パソコン市場が充実しており、中古のパソコンを扱う専門店もあるほどで、欲しいパソコンが見つかる可能性は高いといえる。

ただ、問題は、誰かが使用した中古であることで、動作保証をしていないジャンク品でもなければすぐに故障することはないが、それでも故障する確率は、新品より高く、長期間使用できないかもしれない。

また、搭載されているOSのバージョンが古い場合、サポートが受けられる期間が短かったり、付属品が欠品している場合は、必要であれば、欠品している付属品の代替え品を入手しなければならなかったりする場合もある。

つまり、中古パソコンは、価格は安いが、それなりのリスクがあり、何かあった場合に対応できるほどのパソコンスキルを持っている場合は購入しても大丈夫といえるが、そうでなければ、中古パソコンは避けて新品のパソコンの購入を検討したほうがいいかもしれない。

パソコンが安い店舗とはどのようなところか、と、中古のパソコンの購入について記載してみた。

パソコンの購入先は、中古も含めて様々なものがあり、販売価格としては、新品であればネット通販、ほかに中古のパソコンが安いといえるが、他の購入先にもメリットがあり、またリスクもあることから、自身のパソコンスキルなども考慮して、もっとも自分に合った購入先を検討してみるといいだろう。