クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

カメラを中古で買う際の注意事項・よくある失敗

中古カメラ

近年、携帯端末の普及によりデジタルカメラなどの売り上げが落ち込んでいると言われている。

確かに、携帯端末のカメラの画質は、昔に比べるとはるかに良くなったが、デジタル一眼などのデジタルカメラに比べるとまだまだで、本当にきれいな画像を撮影したいのであれば、デジタル一眼などを使用したほうがいいだろう。

ただ、デジタルカメラは、デジタル一眼になると入門機でも購入するのに数万円以上必要となり、購入するにしても、ハードルが高いのが現状である。

しかし、その高額なデジタル一眼でも、中古品であれば、かなり安く購入できる場合もあり、同じ予算で新品で購入するより上のグレードのカメラを購入できる事も多い。

中古というと品質面などで不安があるかもしれないが、しっかりとした中古販売店であれば、絶対とまではいかないが、品質や保証面でほとんど問題はないだろうが、中古のカメラを購入するうえで、注意すべき点もある。

ここでは、中古カメラを購入するうえで注意する点について記載していく。

シャッター回数を確認する

シャッター回数とは、文字通りシャッターを切った回数となる。

1回シャッターを切るごとにシャッター回数が増えるのだが、このシャッター回数が多くなると、シャッターユニットが破損し、シャッターを切れなくなることがある。

このシャッター回数は、カメラにより耐久回数がある程度決まっており、当然、中古カメラは、シャッター回数が新品のカメラより多くなっていることから、より早く耐久回数に到達する。

つまり、このシャッター回数が少ない中古カメラほど、長く使用できることになることから、中古カメラを購入する際は、シャッター回数を確認したほうだいいだろう。

ただ、シャッター回数を確認するにはパソコンなどが必要で、外からは確認できないので、中古販売店の店員などに確認する必要がある。

また、ネットの中古カメラを扱うサイトの中には、シャッター回数を表示しているサイトもあるので、そのようなサイトで購入するのもいいだろう。

外観はへこみに注意する

外観については、へこみの有無に注意した方がいいだろう。

中古カメラは、前のユーザーが使用していたものであるため、新品をすぐに売却したものでなければ、ある程度の汚れやキズがあるのは仕方ないことで、よほど目立つものでなければ、気にすることはない。

しかし、ボディにへこみがある場合は要注意である。

ボディにへこみがあるということは、そのカメラにへこみができるほどの衝撃が加わったことになり、ボディだけでなくカメラ全体にダメージがある可能性がある。

カメラは、ミラーや電子部品などが複雑に組み合わさった精密機械であり、へこみができるほどの衝撃を受けた際に、部品が壊れたり、組み合わせがズレたりしたら、カメラとしてまともに機能しなくなる。

そのため、外観を確認する時は、へこみの有無には得に注意した方がいいだろう。

ファインダーがきちんと見えているか確認をする

実物を確認する際には、ファインダーを覗いてホコリなどが入っていないか確認する。

ファインダーにホコリなどが入っている場合は、ファインダーから見える光景には、ホコリが混入された状態となる。

ファインダーに写しだされる光景は、あくまでレンズとミラーを通した光景を映し出すもので、ファインダーにホコリがあった状態で撮影しても、画像にホコリが映り込むことはないが、撮影する時に邪魔になる可能性は高い。

メーカーに依頼すればファインダー内のホコリを取ることはできるが、場合によっては料金がかかる場合があり、せっかく安く中古カメラを購入したのに意味がなくなってしまう。。

また、ファインダーが問題なくても、ミラーに汚れなどがある場合は、やはり、ファインダーからみた光景に映し出されるので、やはりメーカーでミラーの点検などを依頼する必要が出てくる。

そのため、実物を確認する際には、ファインダーを覗いてホコリなどが入っていないか確認が必要といえる。

付属品の有無を確認する

カメラと一緒に付いてくる取扱説明書などの付属品があるか確認する。

付属品には、様々種類があるが、取扱説明書やUSBケーブル、ストラップなどは、ダウンロードできたり、安く購入できたりするので、付属してなくても特に問題はないが、バッテリーや充電器などは、別途購入すると、結構な費用が掛かる場合があり、安い中古カメラの中には、これらの付属品がないために安くなっている場合もある。

逆に、前のユーザーが使用していてカメラと一緒に売却したもの、例えば通常の付属品にない予備バッテリーなどがセットとなって売っている場合もあり、この場合は、予備バッテリーが”おまけ”として付いてくることになる。

そのため、中古カメラを購入する時は、付属品の有無も確認したほうがいいだろう。

保証などがしっかりとした中古カメラ販売店で購入する

中古カメラを購入できる手段は様々なものがあるが、できれば、中古カメラ販売店で購入したほうがいいだろう。

ネットオークションや個人売買などで中古カメラを安く購入する場合あるかもしれないが、その場合、購入するカメラの状態を事前にすべて確認するのは難しく、もし、購入後、不具合が発覚した場合でも、返金を求めるのは困難である可能性が高い。

中古カメラ販売店では、カメラの状態をきちんと確認して整備してあるほか、購入後初期不良が出た場合の補償がある場合もあり、万が一の時も安心できるといえる。

そのため、中古カメラを点検、整備し、保証などを付けてくれる中古カメラ販売店などで購入したほうが、安心といえるだろう。

ただ、中古カメラ販売店の中には対応が悪い店もあるので、ネットの口コミなどを確認するほか、中古カメラ販売店を比較するサイトなどもあるので、安心できる中古カメラ販売店を見つけよう。

中古カメラを購入する上での注意点について記載したが、中古カメラの利点は、やはり同じ値段で新品のカメラよりグレードの高いカメラを購入できることで、注意点を守れば、より良いカメラに巡り合える可能性は高くなるかもしれない。

安く良いカメラを購入して、より良いカメラライフを満喫しよう。

出品一覧