クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

スマホを安く買うならどこがおすすめ?iPhoneやAndroidを中古で買っても問題ないか?

最終更新日:2019/04/02

今や、1人1台持つようになったスマホだが、機種によっては販売価格が10万円以上になるなど、意外に高額となる場合もある。

スマホは、ほとんどの場合数年で買い替えを行うが、買い替えのたびに高額の支払いとなるのは大変であり、安くスマホを購入できる店舗を探すことも大切になってくる。

ここでは、スマホを安く購入できる店舗はどのようなところかや、中古のスマホの購入について記載する。

>> スマホ 中古・新品の最安値を価格比較

iPhoneやAndroidを中古で安く買う

スマホの種類について

最初にスマホの種類について記載する。

現在、流通しているスマホは、大きく分けてiPhoneとAndroid搭載スマホの2種類がある。

iPhone

Appleが開発したOSであるiOSを搭載したスマホで、Appleのみが生産、開発しているため機種数は少なく、Android搭載スマホに比べ高額であるが、スマホの中でも高性能な部類となり、中古でも比較的高額であることが多い。

世界のスマホのシェアではAndroid搭載スマホより少ないが、日本国内では高いでシェアを占めている。

>> iPhone 中古・新品の最安値を価格比較

出品一覧

Android搭載スマホ

Googleが開発したOSであるAndroidを搭載したスマホで、サムスンやファーウェイ、ソニー、シャープ、ASUSなど世界中のスマホメーカーが開発、生産しており、高額の高性能機から価格が安い普及機までバリエーション豊富で、世界のスマホのシェアで7割以上を占めるなど、高い人気を誇る。

>> Android 中古・新品の最安値を価格比較

出品一覧

iPhoneとAndroid搭載スマホでは、電話やメール、SNSの利用などでは大きな違いはないが、インターフェースや、利用できるアプリの種類、アンドロイド搭載スマホはワンセグ/フルセグ、microSDが利用できるが、iPhoneは利用できない、などの違いがある。

そのほか、スマホについては、その通信会社でしか使用できないようSIMロックが設定されているキャリアから販売しているスマホと、SIMロックが設定されていないどの通信会社でも使用できるSIMフリースマホがあるが、iPhone、Android搭載スマホともに、SIMロック解除が設定されたスマホとSIMフリースマホが販売されている。

スマホを安く購入できる店舗はどのようなところか

スマホは、SIMロックが設定されているスマホとSIMフリースマホで販売店舗が少し異なっており、それぞれで安く購入できる店舗が異なってくる。

まず、SIMロックが設定されているスマホは、通信会社経由でキャリアショップや家電量販店で販売されているが、通信会社では購入する時にスマホの販売価格を割引するサービスを実施しており、それを利用すれば、高額であるiPhoneの最新機種が、定価の半額で購入できる場合もあるなど、安く購入できる。

ただし、割引サービスを適用するには、通信会社と2年以上契約する必要があるなど、なんらかの条件がある場合がほとんどで、途中で通信会社との契約を解約すると、契約の解除料が必要になるなど、途中で中止できないようになっている。

そのため、スマホの買い替えならともかく、スマホを安く購入するために新たに通信会社と契約する場合は、割引分と通信会社と長期契約する分、どちらが得かよく検討したほうがいいだろう。

また、SIMロックが設定されているスマホを購入する場合、発売直後ではなく、しばらく待つと値下げされる場合もあり、それを狙って購入する手もある。

例えば、Appleの最新機種であるiPhone XRについて、NTTドコモは、条件付きながら58,968円の値引きを適用するなど、ある程度時間が経過した後に販売価格の値下げを行うことがある。

そのため、SIMロックが設定されているスマホを安く購入したい場合は、発売してからしばらく待つのも有効な手段といえる。

次に、SIMフリースマホは、家電量販店、IT機器販売店やネット通販で販売されているほか、格安SIMと呼ばれる通信会社も販売している。

販売価格としては、ネット通販が安く販売しているが、格安SIMで通信回線の契約とセットでSIMフリースマホを購入するともっと安く購入できる場合もある。

格安SIMでSIMフリースマホを購入する場合も、格安SIMと1年以上契約する必要があるなどなんらかの条件がある場合がほとんどであるが、大手通信会社より利用料金は安く、また、自動更新がないなど契約条件も厳しくないことから、安くSIMフリースマホを購入するために格安SIMと契約するのもありといえる。

iPhoneを安く買えるお店についてこちらも参考にしてほしい。

>> iPhoneを安く買うならどこのお店がおすすめ?中古も検討すべき?

中古のスマホを購入しても大丈夫か

安いスマホというと、中古のスマホを候補として検討することもあるかもしれないが、中古のスマホは、以前に誰かが使用していたスマホで、購入しても大丈夫か、と思う人もいるかもしれない。

ただ、中古のスマホでもいくつかのポイントを抑えておけば購入しても大丈夫といえる。

まず、ネットワーク利用制限がかかっていないかを確認する。

ネットワーク利用制限とは、通信会社から分割払いで端末を購入して支払いが途中で滞った場合などで、ネットワークの利用を制限されたもので、一度ネットワーク利用制限がかかると二度と通信会社のネットワークに接続することはできない。

そのため、中古のスマホを購入する場合は、ネットワーク利用制限の状態を確認して、ネットワーク利用制限がかかったスマホはもちろん、まだ支払いが完了しておらずネットワーク利用制限がかかる可能性がある中古のスマホの購入は避けた方がいいかもしれない。

iPhoneについては、アクティベーションロックがかかっていると、初期化後使用できなくなってしまうので、アクティベーションロックがかかったiPhoneは購入を避けるか、販売元に購入前にアクティベーションロックの解除を依頼した方がいいだろう。

また、インストールされているOSのバージョンも確認する

中古のスマホは、OSが古い場合がほとんどだが、古すぎると、アプリがインストールできなかったり、機能が使用できなかったりする場合がある。

ただ、iPhoneは、旧機種でもOSのバージョンアップを行っているが、あまりに古いとバージョンアップの対象から外れるので、こちらも購入前にOSのバージョンアップの対象となっているか確認したほうがいいだろう。

中古スマホの注意点はこちらもチェックしておくといいだろう。

>> 中古でスマホを購入する際の注意点・よくある失敗まとめ

スマホを安く購入できる店舗はどのようなところか、や、中古のスマホの購入について記載した。

スマホの購入については、中古も含めて様々な方法があるため、どの方法が安く購入できるか判断するのが難しい場合もあるが、機種によってはかなり高額になることもあるスマホを安く購入する事は、大きな節約につながるので、じっくり検討して、少しでも安く購入するようにするといいだろう。