全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

掃除機の買い時はいつ?安い時期や買い替えタイミングを調べてみた

最終更新日:2019/05/20

そろそろ掃除機の買い替え時かなと感じたとき、いつなら安く買えるのかと考えるのが一般的だ。掃除機は家電製品の中でも、決して安価な部類ではない。どうせ購入するなら、お得に手に入れたいという心理が働くものだ。

家電製品には、安く購入できるタイミングというものが存在する。掃除機も同様であり、買い時を見極めれば、通常よりも割安で手に入れられるのだ。

しかし、いつであればお得に購入できるのかというのは、あまり知られていない。事前に買い時を熟知していれば、変なタイミングでしかも高い金額で掃除機を購入してしまい、後悔する事態を免れるのだ。

本記事では、掃除機の買い替えタイミングや、安く購入できる時期について掲載していく。

掃除機

掃除機の買い替えタイミングとは

掃除機はそうそう頻繁に買い替えをおこなう家電製品ではない。しかし、いつか掃除機は動かなくなる。

そこで、検討しなければならないのが買い替えのタイミングだ。掃除機の買い替えタイミングには、幾つかのポイントがある。要点を押さえ、買い替えタイミングを逃さず、掃除機を手に入れてほしい。

掃除機の寿命が近い

掃除機に限ったことではないが、電化製品は消耗品のため、いつか寿命がきてしまう。特に使用頻度の高い掃除機であれば、消耗も激しく、突然故障したとしても何ら不思議ではない。

掃除機の最低寿命は、およそ6年といわれている。掃除機が不調になり、修理を依頼したとしても、製造から6年が経過すると、メーカーでの受け入れは難しい。

ただし、一概に6年経過したからといって、故障するという訳ではない。掃除機の種類や形状によって、寿命というのは異なる。

紙パック掃除機は、平均寿命およそ15年といわれており、掃除機の中で最も長持ちするタイプだ。紙パックにゴミを溜めるため、部品に汚れが付着しにくく、故障しずらいというメリットがある。

また、現在主流でもあるサイクロン式の掃除機は、モーターの耐久性によって寿命は左右され、平均寿命はおよそ10年といわれている。

その他にも、革新的なコードレスタイプはバッテリーの持続性によって寿命は3年~10年となり、ロボット型は連続して使用し続けると1年~2年程しかもたないケースも考えられる。

突如として使用できなくなる前に、掃除機の寿命を把握し、購入時期の検討に役立ててほしい。

故障のサインが見られる

故障のサインを察知することも、買い替えのタイミングには必要だ。掃除機の故障サインは、途中で電源が落ちる・吸引力の著しい低下・コードの巻取りがスムーズにおこなえない・動作中に焦げた様な臭いがする、の主に4点が挙げられる。

また、異音や動作の細かな異変も、故障の前触れとなる可能性が高い。何かおかしいな?と感じたら、まずは部品の清掃をおこない、それでも改善されない場合は、買い替えの検討をオススメする。

お得に入手できる期間

掃除機の寿命も近付き、吸引力の高い掃除機が欲しいとなった場合は、お得に入手できる期間も買い替えのタイミングといえる。

掃除機の調子がなんとなく悪い気はするが、まだ使えるからといってそのままにしておくと、突如動かなくなった時に価格の高低に関わらず、購入しなければならない事態が発生してしまう。

生活に欠かせない掃除機であるが、やはり財布に優しい価格を求める人は多い。家電量販店などのチラシや、ネット情報を逃さず手にしてほしい。

安く購入できる時期とは

掃除機の買い替えタイミングを把握したとしても、安く購入できる時期を逃しては、もったいないことになりかねない。家計のムダにならない様、購入時期をしっかりと見据え、チャンスをものにしてほしい。

新製品を発売する直前

メーカーが掃除機の新製品を発売する時期は、旧型モデルの値下がりに期待できる。特に最新モデルにこだわらないというのであれば、家電量販店が在庫処分に躍起になる発売前1ヶ月が狙い目だ。

新商品の入れ替え時期はメーカーによってそれぞれ異なるので、好みのメーカーがある場合は、ピンポイントで購入しなければならない。

高級掃除機として人気を誇るダイソンは、3月~5月に新製品の発売をおこなう傾向がある。ダイソンは掃除機の中でも割高であるため、安く購入できる時期を逃す手はない。

また、日本を代表する掃除機メーカーの日立は、発売時期にバラつきがある。日立掃除機を狙いにいくのであれば、事前にリサーチが必要だ。自分好みのモデルがいつ発売になるのか調べ上げ、発売からおよそ1ヶ月前を購入の時期と定めてほしい。

そして、同じく日本のメーカーであるパナソニックは、9月~11月に発売することが多い。9月になると、店頭には最新モデルが並ぶが、旧モデルはそれ程割安にはならないのだ。パナソニックの掃除機を求めるのなら、8月中には購入するかの意思決定が必要になる。

各メーカによって発売時期にはバラつきがあるが、お得に入手するには、新製品情報を得ることも重要だ。

家電量販店の決算前

多くの電化製品を扱う家電量販店は、決算を迎える前になると、商品を割安で販売し始める。決算前は売上を少しでも伸ばしたいため、1つでも多く販売しようと価格を落とすのだ。特に掃除機などの大型家電は、収益も大きいので、大幅な値引きが期待できる。

殆どの家電量販店で、決算期を3月と9月に設けている場合が多く、その時期になると大安売りなどののぼりが目立ち始める。決算期の直前は、お得な掃除機をものにするチャンスといえるのだ。

また、家電量販店では、不要になった掃除機の下取りサービスを展開しているケースもある。事前にサービスをおこなっているか確認し、よりお得にゲットしてほしい。

月末や限定値引きシーズン

意外と知られていないのが、月の最終週末は値下げする可能性が高いという事実だ。家電量販店では、月間売り上げも重要なポイントになるため、月間売り上げのアップを願い、月末にセールをおこなうケースが多い。

しかも、月末は一般的に給料日後といわれているので、消費者側にとっても好条件が揃っている時期なのだ。掃除機が故障して早急に必要な場合でも、月末までは購入を見送ってほしい。

また、春に開催される新生活応援セールや、ゴールデンウイーク限定値引きなど、シーズンによるさまざまなキャンペーンも狙い目だ。掃除機を含めた生活家電が、一斉に値下がりする。

ただし、販売台数に限りがあったりクーポンが必要であるなど、条件が付随している場合もあるので、セール情報はこまめなチェックが肝心だ。

まとめ

掃除機は我々にマストなアイテムであり、生活必需品といえる。特に主婦であれば、毎日使用する人が殆どであり、無くては困りものだという声は多い。

しかし、突然動かなくなっては、購入を検討するしかないのが実情だ。できるだけ安く買いたいと考えていても、買い時の情報を把握していなければ、家計を圧迫しかねない。

モノには安く購入できる時期というのがあり、掃除機もまた同じ。新製品の発売時期や家電量販店のセール告知など、お得な情報をキャッチするアンテナが必要だ。

また、いくら安い時期を狙ったとしても、それ以前に掃除機が故障してしまっては、買い時の意味を成さなくなってしまう。掃除機に故障の前触れはないか、寿命年数までどれ位の猶予があるのか、買い替えのタイミングを熟考するのも大切なポイントだ。

掃除機の買い替えを検討しているのであれば、本記事の情報を精査し、購入の参考にしてほしい。