クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

こたつを安く買うならどこがおすすめ?中古で買うという選択肢もあるのか?

最終更新日:2019/04/02

こたつは、4つ足のテーブルに暖房となる熱源をつけた日本独自の暖房器具で、昔は熱源として豆炭などを用いたが、近年は、ほとんどが遠赤外線を発するヒーターなど電気的な熱源を用いたものとなっている。

こたつは、家電製品としてはそれほど高額な製品ではないが、広範囲を温めるような暖房器具ではないので、一つの建物に複数購入することも珍しくはなく、そのため、できるだけ安く購入することも大切となってくる。

ここでは、こたつを安く購入できる店舗はどのようなところか、や、中古のこたつの購入について記載する。

>> こたつ 中古・新品の最安値を価格比較

こたつを中古で安く買う

こたつが安くなる時期はいつか

家電製品は、常に価格が一定ではなく時期によって価格が上下することが多い。

それはこたつも同様であるため、こたつを購入する時は、価格が安い時期を把握してその時期に購入する事も大切であるといえる。

では、こたつが安くなる時期はいつか、となると、まずは、販売店の決算時期や、公務員や一般企業などのボーナス支給月がある。

この時期は、販売店が売上を増やしたい時期であるほか、消費者の懐に余裕がある時期でもあることから、値引きセールなどの販促を行うために、こたつの価格が安くなるのである。

また、家電製品は、新製品が発売された直後は価格が高く、時間が経つに連れて価格が下がる傾向がある。

こたつの場合は、メーカーや製品にもよるが、10月頃に発売される場合が多く、それから少しづつ価格は下がっていき、3月ころが底値となる場合が多い。

その後、こたつは、4月〜5月にかけて価格が上がる傾向があり、これは、こたつを使用しない暖かい時期となりこたつの売れ行きが落ちることから、こたつを扱う販売店が減り、そのため、価格が上がったものと思われる。

そのため、こたつを購入する場合は、こたつの価格が一番安くなる3月ころが狙い目となるだろう

こたつを安く購入できる店舗はどのようなところか

こたつを販売しているのは、実店舗では、家電量販店やホームセンターがあるが、ほかにも、家具調こたつなどもあることから、家具店なども販売している。

実店舗以外では、ネット通販でも販売しているが、家電製品を販売している販売店ほか、家具を販売している販売店でもこたつを扱っていることが多い。

そして、こたつの販売価格が安い店舗であるが、実店舗よりネット通販のほうが価格は安くなる傾向がある。

これは、実店舗は、お客に対応する販売員などの人件費や、こたつを展示するためのスペースの維持費などが必要なのに対し、ネット通販は、人件費も維持費の必要ないことから、それらにかける費用を販売価格の引き下げに回せるため、実店舗より販売価格を安くすることができるのである。

また、こたつについては、ネット通販でも家電製品を主に扱っている販売店より、家具などを扱っている販売店のほうが、品数も多く価格も安めとなっている。

楽天やヤフーショッピングなどで検索しても、こたつを扱っているのは、家具などを主に扱っている販売店がほとんどとなっている。

こたつを安く購入するのであれば、ネット通販、それも家具などを主に扱っている販売店で購入するといいだろう。

ただし、ネット通販では、デザインや大きさ、重さなどはカタログを見ればわかるが、質感や実際の暖かさなどはわからないことから、それらを確認して購入したい場合は、実物があり確認することができる家電量販店やホームセンター、家具店などで購入したほうがいかもしれない。

中古のこたつを購入しても大丈夫か

こたつを安く購入する場合は、中古のこたつも購入対象として検討することもあるだろう。

中古の家電製品は、新品よりかなり安く購入できる場合があり、こたつも同様であるからである。

また、こたつは、実は、中古の家電製品の中でも需要が高い製品であり、中古販売店でもこたつのラインナップが豊富である場合が多く、自分好みのこたつが見つかる可能性も高いといえる。

ただ、中古のこたつは、一度は使用された製品であり、購入しても大丈夫か、と躊躇するかもしれないが、いくつの点を確認して問題なければ、購入しても大丈夫といえるだろう。

確認する点としてまず挙げられるのは、製造年で、あまりに古いこたつは、安くても購入しないほうがいいといえる。

こたつは、使用頻度にもよるが、使用を開始してからだいたい10年程度で熱源であるヒーターが寿命で使用できなくなるようだ。

そのため、例えば製造してから5年以上経過したこたつは、数年で使用できなくなる可能性がある。

安く購入できたのだから、数年使用できれば元が取れるかもしれないが、こたつは、廃棄する場合に費用が必要な場合もあり、こたつを買い替える都度廃棄費用を支払うのは、こたつを中古で安く購入した意味がなくなるかもしれない。

中古のこたつは、なるべく製造年が新しい物を購入したほうがいいだろう。

また、その他に確認する点として電源コードがあり、電源コードは、引っ張ったり曲げたりすることで劣化することがあり、劣化した電源コードは、発熱して火災の原因となることもある。

そのため、付属する電源コードの状態をみて、劣化していないものを購入するといいだろう。

電源コードについては、別途購入する事も可能なので、もし、電源コードの状態に不安ある場合は、電源コードだけ購入するのもいいかもしれない。

こたつを安く購入できる店舗はどのようなところか、や、中古のこたつの購入について記載した。

こたつは、冬の暖房だけでなく、その他の季節でテーブルとして使用することもできるため、暖房の性能としてだけでなく、家具としてのデザインや使い心地なども検討して購入したほうがいいだろう。

そのため、こたつを購入する場合は、実店舗でもネット通販でも、家具を扱っている販売店での購入を検討したほうがいいかもしれない。

また、中古のこたつについても、古い製品でなければ、購入するものとして十分な製品であり、こたつを購入する時は、新品だけでなく中古についても検討してみたほうがいいだろう。

中古家電についてもこちらもチェックしておこう。

>> 家電を安く買うならどうするのがおすすめ?中古での購入についても調べてみた