クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

エアコンを中古で買うってあり?ネットで買うのが安い場合も

最終更新日:2019/04/02

エアコンは、室内の温度を上げたり下げたりする空調機器で、内閣府の消費動向調査によると、普及率は、2名以上の世帯で90%を超え、さらに1世帯で平均3台以上保有するなど、身近な家電機器の1つとなっている。

そのエアコンであるが、家電の中では販売価格が高額な部類となり、さらに設置する費用も必要となることから、エアコンを購入する場合は、機種の選定のほか、エアコンを安く購入できる店舗などを探すことも重要となってくるといえる。

ここでは、エアコンを安く購入できる店舗とはどのようなところか、や、中古のエアコンの購入について記載していく。

>> エアコン 中古・新品の最安値を価格比較

中古でエアコンを購入する

・エアコンには販売価格が安い時期がある

まず、エアコンには、販売価格が安い時期があることについて記載する。

エアコンは、時期によって販売価格は変動する傾向があり、安くなる時期としては、家電量販店の決算期やボーナス支給時期のセール期間があるが、そのほかに、8月後半〜9月や2月頃も、安くなる時期となる。

エアコンが最も売れる時期は、6月から8月上旬で、8月後半となるとエアコンが売れ行きが鈍るため、エアコンの販売価格を下げる傾向がある。

それに加え、10月には、パナソニック、シャープ、東芝といった大手家電メーカーが、高性能エアコンの新機種を発売するため、その前に現行機種を売るために、販売価格が下がるのである。

また、春から新生活を始める単身者向けに低価格帯のエアコンの新機種が3月から4月にかけて発売されるため、その直前の2月頃も同様に販売価格が下がるのである。

エアコンの購入を検討する時は、販売価格が下がる時期があることを把握しておいたほうがいいだろう。

・エアコンを買うならネット通販?家電量販店?

エアコンを安く購入する時は、購入先としてネット通販か家電量販店を候補として挙げる場合が多いだろう。

では、エアコンの販売価格は、ネット通販と家電量販店でどちらが安いか?となれば、販売店にもよるが、ネット通販の方が安いと言える。

ネット通販は、店舗を構える必要がないため、販売員などの人件費や、展示するためのスペースを確保する費用が必要がないため、その分販売価格を安くできる。

また、ネット通販では、スペースの都合で家電量販店では販売できないマイナーなメーカーのエアコンや、大手家電メーカーの旧モデルのエアコンを販売している事があるが、そのようなエアコンは、大手家電メーカーの最新モデルのエアコンより安く販売される事が多い。

つまり、ネット通販は、エアコンを安く販売できる条件が整っていて、家電量販店より安く販売できるのである

そのため、エアコンは、価格が安いネット通販で購入したほうがいい、と考えるかもしれないが、実は、そう簡単にいかない場合もある。

まず、エアコンは、取り付けを業者に依頼する必要がある、という事情がある。

エアコンは、屋外に設置した室外機と接続するための工事が必要となるほか、エアコンに安定して電力を供給するために、エアコン専用のコンセントの増設工事が必要となる。

これらの工事は、業者に依頼することになるが、家電量販店であれば、工事料金込みの価格となる事が多いが、ネット通販では、工事費が別途必要となる場合が多い。

それに加え、家電量販店は、設置する業者の手配まで実施してくれるが、ネット通販は、業者の手配は行わず、購入者が業者を手配しなければならない場合もある。

つまり、ネット通販でエアコンを購入する場合は、購入後に追加の費用や手間がかかる場合があるのである。

また、長期保証の問題もある。

エアコンの寿命は10年と言われており、ユーザーも長期間使用することが一般的となっている。

しかし、ネット通販の場合は、販売会社にもよるが、メーカー保証の1年しか保証していない場合が多く、長期間使用するエアコンの保証としては不安が残るかもしれない。

それに対して家電量販店は、長期間保証している店舗が多く、例えば、ヨドバシカメラは5年、ヤマダ電機は6年、ビックカメラやジョーシンに至っては、エアコンの寿命であるは10年の保証が可能となっている。

ただし、長期保証には、一定金額以上のエアコンが対象とか、修理金額の上限があるとか、いくつか制約があるが、それでもメーカー保証の1年しかない場合に比べると、安心できるといえる。

エアコンを購入するときは、価格が安いネット通販か、アフターサービスが充実している家電量販店か、どちらが自分に合った購入先か、を検討したうえで選択するといいだろう。

・中古のエアコンを購入しても大丈夫か

安いエアコンの購入を検討する時は、中古のエアコンを候補とする事もあるかもしれない。

中古のエアコンは、一度は誰かが使用したものであり、購入しても大丈夫か、と不安に思われる方もいるかもしれないが、幾つかの確認項目をクリアしていれば、購入しても大丈夫といえる。

確認項目として、まず挙げられるのは、購入先で、ネットオークションや売買アプリなどで個人から購入するのは避けた方がいいだろう。

エアコンは、業者によって手順を踏んで取り外しが行われないと、中のガスが抜けて使用できなくなる場合があり、個人が取引相手の場合は、販売しているエアコンが業者により取り外しされたかわからないのである。

ガスが抜けても充填すれば使用可能となるが、結構な費用がかかるので、安く購入した意味がなくなってしまう。

リサイクルショップなどで購入する場合は問題ないと思われるが、購入するときに、業者によって取り外されたものか、確認するのもいいかもしれない。

次の確認項目として、製造年が挙げられ、いくら安くても古いエアコンは避けた方がいいだろう。

エアコンの寿命は、前述のように10年と言われているが、製造から5年以上経過したエアコンでは、使用して数年で10年となってしまい、10年経過してもすぐに故障するわけではないが、故障する確率が高まるといえる。

エアコンは、取り付けも取り外しも業者を入れる必要があり、エアコンを交換する度に、その費用がかかることになるので、できれば長期間使用したいところである。

そのため、中古のエアコンを購入するときは、製造してから5年未満のものを選択したほうがいいだろう。

出品一覧

該当の商品はありません。

エアコンを安く購入できる店舗や、中古のエアコンの購入について記載してみた。

エアコンは、他の家電製品とは違い、本体以外にも設置の費用が必要となるため、購入するときは設置の費用も含めて考える必要があり、さらに保証の問題もあることから、中古も含めてどこで購入するのが自分に最適なのか、よく検討して購入先を決定するといいだろう。

家電全般の情報も参考にしてもいいだろう。

>> 家電を安く買うならどうするのがおすすめ?中古での購入についても調べてみた