クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

Softbankから格安スマホ(格安SIM)への乗り換え方法

スマホ

料金やオンラインサービスの充実といった魅力の多い格安スマホや格安simは近年、ソフトバンク(SoftBank)からの乗り換え希望者から高く注目される存在です。各社がWEBでの申込み手続きを可能とする今の時代は、昔と比べて遥かにスムーズな乗り換えがしやすくなっています。ただし違う会社間でおこなうこの手続きには、意外とユーザ側でおこなう準備や注意点が多い実情もあるため、注意が必要です。

今回は、格安スマホや格安simへの関心を持つソフトバンクユーザの皆さんと一緒に、乗り換え方法の手順やポイントを詳しく整理していきます。

格安スマホと格安simの調達方法を決める

ソフトバンクなどの大手キャリアから格安スマホや格安simへの乗り換えをする上で最初にすべきなのは、こうした商品を「どんな方法を使い、どこで買うのか?」という部分を決めるということです。一般的な手段としては、この両者を「セットで買うか?別購入するか?」というのが、手続きを進める上での大きな分岐点となります。

格安スマホと格安simをセット購入する

スマホ端末とSIMカードのセット購入は、楽天モバイルやmineoといったMVNO会社の店頭やオンラインショップ、ヨドバシカメラなどの家電量販店でおこなえます。

この方法で買い物をすると、セット購入による割引特典や申込み手続きのスムーズさといったさまざまなメリットが生まれます。ただし既にほしいスマホのメーカーもしくはMVNO会社が決まっている場合は、どの商品を取り扱う会社や店舗で手続きをしなければなりません。

格安スマホと格安simを別購入する

自分の気になる機種とSIMカードの組み合わせで妥協をしたくない人には、スママやヤフオク、中古スマホ専門店などを活用した端末とSIMカードを別々に買うという選択肢もあります。中古市場にさまざまなサービスや会社の参入する今の時代は、少しでも安く格安スマホを購入したい方々の希望がかないやすくなっています。

また自分のほしい機種と気になるSIMカードの組み合わせで格安スマホを使っていると、各社のサービスや料金、機能面での不満やストレスもかかりにくくなることでしょう。ただし機種選びから比較検討、申込み手続きまでユーザがすべて自分で進めるのが基本となるこの方法は、格安スマホの知識に乏しい初心者には少し難しい選択肢となるようです。

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

格安スマホへの乗り換えをする上で「「どんな方法を使い、どこで買うのか?」という方向性がしっかり決まったら、転出元となるソフトバンクで後述するいずれかの方法を使ってMNP予約番号というものをもらう手続きを進めていきます。

ちなみにMNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、今使っている携帯番号を引き継ぐ形で、違う携帯電話会社への乗り換えをする際に欠かせない手続きの総称です。MNPは基本的に、ソフトバンクから格安スマホだけでなく、ドコモからau、楽天モバイルからmineoといった形であらゆる携帯電話会社の間でおこなわれる手続きとなります。

電話を使ってMNP予約番号を取得

MNP予約番号の取得ができる電話窓口は、9時〜20時まで年中無休で受付対応をおこなっています。ソフトバンクスマホから家電するときには、「*5533」をダイヤルした後、ガイダンスにしたがって「1」を押す流れです。

この方法でオペレーターから予約番号を発行してもらうときには、必ず契約者本人が電話をしなければなりません。

ソフトバンク店頭でMNP予約番号を取得

MNP予約番号は、ソフトバンクショップの店舗でも発行可能です。この方法を選択するときには必ずパスポートや運転免許証といった本人確認書類を持っていくようにしてください。

何らかの事情で契約者本人が店舗に行けないときには、委任状を持った代理人が手続きをおこなうこともできます。

WEBでMNP予約番号を取得

オペレーターと直接話すの面倒、ショップでの手続きには時間がかかる。こんな問題を回避できるのが、My ソフトバンクというWEBサービスからMNP予約番号を発行する方法です。この手段の受付時間は、9時〜21時30分までとなっています。

ガイドに沿って項目を選択するだけで良いこの方法には、5分ほどの所要時間で番号発行が完了するMy ソフトバンクの利用は、早くスムーズに他社への乗り換え手続きを進めたい方々にとってもおすすめ度の高い選択肢となるでしょう。

ソフトバンクでMNP予約番号を発行してもらうときの注意点

格安スマホへの乗り換えという目的のためにMNP予約番号を発行してもらうときには、下記2つのポイントを注意する必要があります。

MNP予約番号の有効期限

MNP予約番号は、15日間の有効期限内に使用しなければなりません。ただし予約番号の受付をおこなう転入先の大手キャリアやMVNO側では、下記のように15日よりも遥かに短い残日数を申込み条件として設定しているため、注意が必要です。

  • ・有効期限12日以上の格安sim → BIGLOBEモバイル、OCNモバイルONE など
  • ・有効期限10日以上の格安sim → 楽天モバイル、mineo、DMM mobile など
  • ・有効期限7日以上の格安sim → IIJmio など
  • ・MNP予約番号の取得から2日以内の格安 → UQモバイル など

こうした形で受付をする各社のルールを並べてみると、どのMVNOへの乗り換えをする際においても、ソフトバンクで番号取得した翌日には新しいSIMカードの申込み手続きをおこなうのが理想となるでしょう。

格安スマホ(格安sim)の申し込み、開通手続き

ソフトバンクからMNP予約番号を取得したら、加入を希望する転入先の格安simの会社で申込み手続きをする流れです。ここではら国内ランキングでも1位になることの多い楽天モバイルのシステムを見ながら、格安スマホへの乗り換えをする上で注意すべきポイントを確認していきます。

申込み方法は基本的に2種類

実店舗のある大きなMVNO会社では、店頭とオンラインショップの2方法でMNP転入の申込みを受け付けています。格安スマホやSIMカードの受け取りから回線の開通まで、全てその場で完結させたい人には、ショップで手続きをするメリットが高いです。

ただしソフトバンクなどの大手キャリア会社と比べて店舗数の少ないMVNOの場合、多くのユーザがショップに集まることによって、手続き完了までに多くの待ち時間がかかってしまうなどの問題もあると言われています。そのため24時間365日、自分の好きなタイミングでスムーズな手続きをおこないたいと考える人は、便利なオンライン申込みを使ってみてください。

オンラインによる乗り換え手続きはどんな流れでおこなうの?

一般的な格安simの会社では、下記の流れで開通までの手続きを進めていきます。

  • 1.取得した予約番号を使ってMVNO側でSIMカードとスマホ端末の申込みをする
  • 2.ソフトバンクで使っていた旧端末でデータのバックアップ、移行準備をしておく
  • 3.SIMカードと新しい格安スマホが自宅に届く
  • 4.電話やWEBで開通手続きをおこなう
  • 5.ユーザ自身が初期設定をした後、新スマホの使用開始

開通手続きもWEBでするのがおすすめ?

届いたスマホの開通手続きは、各社の対応時間などによっておすすめ方法が異なる形となります。例えば、専用の開通受付センターを持つ楽天モバイルの場合、ドコモ回線に申し込んだユーザが9時〜20時39分までに電話で開通の手続きをおこなうと、当日中に切り替え完了するシステムです。

これに対してWEBから申込みをおこなった場合は2〜3日、スマホによる通信通話ができない期間が生じてしまいます。そのため、仕事などで毎日使っているスマートフォンの不通期間をなくするためには、開通受付センターへの電話を直接おこなった方が良い場合もあると捉えてください。

まとめ

MNPという各社共通の手続きでおこなえるソフトバンクから格安スマホへの乗り換えは、MVNO初心者でも比較的かんたんに実践できる内容です。また各社が電話やWEBチャットなどによるサポート体制を充実させる今の時代は、自宅に居ながらにして手続き完了させることも難しくなくなってきていると捉えて良いでしょう。