クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

iPadを安く買うならどこ?中古での購入についても調べてみた

AppleのiPadは、タブレットを世間に普及させるきっかけとなった端末で、様々なタブレットが発売されている現在でも人気の端末となっている。

ただ、iPadは、性能的にミドルエンドからハイエンドモデルしか発売しておらず、そのため他のタブレット端末より高額となる傾向があることから、iPadを購入する場合は、iPadを安く購入できる方法を探すことも大切となってくる。

ここでは、iPadを安く購入できる店舗について、や、中古のiPadの購入について記載する。

iPadを中古で安く買う

iPadの種類について

現在、入手可能な新品のiPadは、主に3種類あり、それぞれの特徴について記載する

出品一覧

iPad

9.7インチのディスプレイを搭載したタブレットで、最新型となる第6世代のiPadは、Apple公式のスタイラスペンであるApple Pencilも対応している。

iPad Pro

iPadシリーズの上位機種で、ディスプレイのサイズやCPUのスペックなどがiPadより上であるほか、Apple PencilのほかApple純正のSmart Keyboardにも対応するなど、ハイエンドモデルとなる。

iPad mini4

ディスプレイの大きさが7.9インチと、他のiPadに比べると一回り小さい小型軽量にのiPadとなる。

発売開始が2015年と、現状購入できる新品のiPadの中ではもっとも長い間販売されている。

さらに、対応している通信手段別に、Wi-Fiのみ使用できるWi-Fiモデルと、通信会社のネットワークも利用できるWi-Fi+Cellularモデルがある。

iPadを安く購入できる店舗はどのようなところか

iPadは、Wi-Fi+CellularモデルとWi-Fiモデルでは販売方法が異なるのでそれぞれ説明する。

Wi-Fi+Cellularモデル

Wi-Fi+Cellularモデルは、NTTドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアショップや家電量販店、そしてApple直営のApple Storeで販売している。

各キャリアショップや家電量販店で販売しているのは、各キャリア向けのiPadで、Apple Storeでは、SIMフリーのiPadとなる。

それぞれの価格は以下のようになる

販売元  11インチiPad Pro(64GB)   iPad(32GB)   iPad mini4(32GB)

NTTドコモ    65,448円        5,184円        0円

au        51,660円          0円      1,560円

ソフトバンク   49,680円          0円         0円(128GB)

Apple Store   115,344円        40,824円      65,664円(128GB)

価格を比較すると、Apple StoreのSIMフリー端末よりキャリア向けのiPadの方が安いのがわかるが、これは、各キャリアが割引を実施しているためで、iPadやiPad mini4において、端末費用が0円があるのは、キャリアが販売価格と同額を割引しているためとなる。

ただし、この割引を受けるには、各キャリアが指定したプランの加入が必要で、加入期間は最低24か月となっており、加入期間中にプランを解約した場合、違約金のほか、残った端末代金の支払いが必要になる。

例えば、iPad Proの価格を見ると、ソフトバンクが3キャリアの中で一番安いが、この価格で購入するためには、ソフトバンクと少なくとも24か月の契約が必要となる。

Wi-Fi+Cellularモデルを購入する場合は、端末代金だけでなく、契約期間中の利用料金も含めて検討したほうがいいだろう。

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは、キャリアの中ではソフトバンクのみが扱っているほか、Apple Store、家電量販店、IT機器販売店、ネット通販などで販売している。

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi+Cellularに比べ価格が安く設定されており、例えば、定価で販売しているApple Storeでは、11インチiPad Pro(64GB)の価格が96,984円となっており、Wi-Fi+Cellularモデルの11インチiPad Pro(64GB)より2万円近く安くなっている。

また、Wi-Fiモデルの販売価格としては、家電量販店、IT機器販売店よりネット通販の販売価格のほうが安い傾向があり、これは、ネット通販では、人件費や店舗の維持費が必要なく、その分価格を下げることができるためとなる。

iPadのWi-Fiモデルを購入するのであれば、ネット通販で購入するのがいいだろう。

中古のiPadを購入しても大丈夫か

安いiPadを購入するのであれば、新品より安い中古のiPadの購入も候補となるが、すでに使用されたiPadを購入しても大丈夫か、と懸念を抱く人もいるかもしれない。

しかし、いくつかの注意点がクリアできていれば、中古のiPadでも購入しても大丈夫といえる。

まず、注意点として、Wi-Fi+Cellularのキャリア向けの中古のiPadで、ネットワーク利用制限がかかっているかどうかで、ネットワーク利用制限がかかったiPadは、キャリアのネットワークに接続できず、ネットワークを利用できなくなる。

そのため、Wi-Fi+Cellularを購入する時は、ネットワーク利用制限の有無を確認したほうがいいだろう。

また、注意点として、盗難防止用のアクティベーションロックもあり、アクティベーションロックがかかっている場合は、iPadを利用できず、解除は、以前の利用者しかできないため、実質利用不可能となるためである。

特に、ネットオークションやフリマアプリ経由で個人から購入した場合は、アクティベーションロックを解除していない場合があるので、購入前にアクティベーションロックの解除を要請したほうがいいだろう。

その他、外観や付属品の有無などの注意点もあるが、まずは、ネットワーク利用制限とアクティベーションロックを確認して問題なければ、購入しても大丈夫といえるだろう。

iPadを安く購入できる店舗や、中古のiPadの購入について記載した。

iPadは、購入手段がいくつかあるほか、最新モデルにこだわらなければ、安い中古のiPadもあるので、自分に合ったiPadはどのようなモデルか検討して、それを安く購入するには中古も含めてどこで購入するのが良いか、を確認してから購入するといいだろう。