全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

デスクトップ パソコン を格安・激安で購入する方法・場所・サイトまとめ!

最終更新日:2019/06/03

色々な種類があるパソコンだが、その中でデスクトップパソコンは、本体とディスプレイ、キーボードが別れたタイプのパソコンで、性能は高く、ディスプレイも大きめとなるが、機体が大きく重いことから持ち運びは難しいという特徴がある。

デスクトップパソコンは、仕事や家庭でもよく使われており、最近では、IT社会によりパソコンはいろんなところで使われているので自分にあったパソコンを選ぶことは重要である。

しかし、頻繁に買い換えるものではないからこそ、自分に合ったパソコンを選びたいところだが、パソコンは種類がたくさんあって、どれを買ったらいいか悩むと思う。

デスクトップパソコンは高性能であるため、価格が高額となっている。

そこで、ここではデスクトップパソコンを安く購入する方法や中古での買い方について記載する。

デスクトップパソコン

ネットショップで購入する場合について

店頭で購入する場合、実際に商品を見てから決めることができ、店員さんと相談しながら選べるので安心もあるかと思う。

だが、お店の人は商品を売る、お店の売り上げを上げると言った営業マンなので、少しでも高いものを買ってもらいたいと思っているかもしれない。これを買うという強い意志があればいいが、どれを買おうか迷っていると、店員さんの言葉巧みに誘導されて少し高いのを買わされてしまう。

また、気に入ったパソコンの在庫がなく、取り寄せになってしまうこともある。

ネットショップで購入するメリットは、在庫がきちんと管理されており、店頭販売とは違い、人件費が削減されているので、家電製品屋で買うより安く買うことができる。また、メーカーによっては、ネットショップで安く販売するための限定モデルなんていうのも出しているところがある。

また、お店に行って買う場合、交通費がかかったり、価格比較しようと思って何店舗も回ったりすると、思いのほかお金も時間もかかる。ところが、ネットショップは空いた時間で購入することができ、送料無料のネットショップもあるので、余計な交通費や時間もかかることがない。

ただ、個人で売買する場合は、保証が付いていない可能性があり、また記載されていたコメントが本当かわからないので気をつける必要がある。

そして、ネットショップで購入する場合、数万円も安くなる割引クーポンが多く、安くて高性能なBTOパソコン(カスタマイズできるパソコン)が充実している。ネットショップで売られているパソコンは、必要のないソフトや機能が付いていないので安く、キャンペーンが毎日のように開催されている。そのため、デスクトップパソコンに限らず、パソコンはネットショップで購入すると実店舗に行って購入するよりコストを抑えられるのでおすすめする。

型落ちしたパソコン

当然、型落ちしたパソコンは最新型と比べると性能は劣るが、動画などの重い処理をしても問題なく動作する。型落ちパソコンは今まで発売されてきたパソコンなので、既存サービスでまともに動かせないのなら今存在するサービスは運営できていないはずだ。

それに、型落ちパソコンと聞こえは悪いかもしれないが、最新のパーツよりワンランク落ちるパーツで構成されているだけなので、あまり性能に差はない。なので新モデルのパソコンを購入するのではなく、少し我慢して型落ちした旧モデルのパソコンを購入するのも候補に入れた方がいいかもしれない。

中古デスクトップパソコンの買い方

中古のパソコンを購入するということで、一度は誰かが使用したので、データが心配、故障が多い、保証が付いているのかなど不安になるかもしれないが、いくつかの注意点も守っていただければ大丈夫と言えるだろう。

中古のパソコンの大事な選べ方として1番重要視したいのが保証期間だ。なぜ保証期間が重要なのかというと、万が一壊れても無料で交換、返品ができるのと、保証できるほど、質の良い中古パソコンを用意している証であるためだ。ただ、実店舗で販売している中古パソコンの多くは、保証がほとんどない。一方ネット通販で販売している中古パソコンは保証があるものが多い。

中古パソコンの欠陥や欠陥品は事前にチェックする

中古パソコン購入する為に商品を見ていればわかることだが、ネット通販でも実店舗でも必ず商品に対して以下の点が記載されている。

  • 液晶のドット抜け
  • 目立つ傷や割れの有無
  • 不具合の有無
  • 欠陥品の有無

中古パソコンを購入するときは上記のことを確認する必要がある。中古パソコンを購入するということは、以前は持ち主がいたということなので、その人がどういう使い方をしていたかが上記の点を確認するればわかる。しかし、バッテリーの消耗度合いの違いは調べることができない上に、保証もないので気にしても仕方がない。バッテリーについては運としか言いようがないが、基本的に死んでいるバッテリーはほとんどなく、対策として格安の社外用のバッテリーを活用した方がいい。

おすすめのメーカー

パナソニック、DEEL、ヒューレット・パッカード、富士通はおすすめのメーカーであり、商品数も多いメーカーでもある。特にデスクトップパソコンは日本製はかなり希少な上に、あまり日本製というメリットがないので、海外製であるDEELかヒューレット・パッカードを選んだ方がいいかもしれない。

ディスプレイ・キーボード・マウスが付属しているか確認する

デスクトップパソコンは、ディスプレイ、キーボード、マウスが別々になっているので、本体とディスプレイ、キーボード、マウスを接続する必要があり、これらがないと使用できないのでディスプレイ、キーボード、マウスが付属しているか確認する必要がある。

このうちディスプレイについては、ディスプレイと本体が一体化したものでなければ、中古デスクトップパソコンには、通常、付属していないので別にディスプレイを購入するなど、用意する必要がある。逆に、キーボードとマウスは、本体に付属している場合が多いが、まれに付属していない場合もある。手元にデスクトップパソコンがあれば、それに使用していたディスプレイ、キーボード、マウスを流用することができるがなければ別々に購入する必要があるので付属しているか確認しておいた方がいいだろう。

おすすめの商品

おすすめできる中古パソコンについては、商品の流動性が激しい為、一概にいうことはできないが、以下のようなスペックを選択すれば間違い無いだろう。

  • CPU、Corei5もしくはCorei7
  • CPU世代、第二世代以降
  • HDD、500GBもしくはSSD128GB
  • OS、windows1064bit

メモリ、4GB以上

上記のスペックで中古パソコンを選んでおけば、頻繁に利用する上でストレスはない。あまりパソコンを利用しない人にとっては充分すぎるスペックであるので、新品のパソコンにこだわらなくてもいいだろう。

デスクトップパソコンは新品で10万くらいで売られているのが中古だと3万から5万くらいで売られているので、中古で購入することも候補に入れておく価値はあると思われる。

ここでは、中古のデスクトップパソコンを安く買う方法や中古での買い方について記載した。

中古のデスクトップパソコンは色々な種類があるので今回記載した事柄を確認して少しでも自分の環境にあったデスクトップパソコンを選んでほしい。また、中古パソコン全般のの選び方、注意点なども確認するのもいいだろう。