クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

MacBookを安く買うならどこがおすすめ?中古で買うのはどうなのか?

最終更新日:2019/05/28

MacBook(マックブック)は、iPhoneやiPadで有名なAppleが、開発、販売しているノートパソコンで、Appleが開発しているOSであるmacOSを搭載するなど、ノートパソコンでは主流となっているWindows搭載のノートパソコンとは異なる特徴を持つ。

MacBookは、Appleのみが販売しているためか、比較的高額でかつ値下げなどはあまりされないことから、MacBookを購入するときは、MacBookを安く販売する店舗を探すことも必要となってくる。

ここでは、MacBookを安く販売している店舗について、や、中古のMacBookの購入について記載する。

>> MacBook 中古・新品の最安値を価格比較

macbookを中古で安く買うならどこがおすすめ?

MacBookを安く販売している店舗は

MacBookを販売している店舗としては、大手家電量販店やパソコンショップなどの実店舗や、販売サイトを通じて販売するネット通販、さらにApple直営のApple Storeがある。

この中で価格が価格が安いのはネット通販となる。

ネット通販は、実店舗のようにMacBookを展示するためのスペースや、販売対応する販売員が必要ないため、スペースを維持する維持費や販売員の人件費を削減することができ、削減できた分をMacBookの販売価格の引き下げに回すことができるため、実店舗より安く販売することができるのである。

販売価格で判断するのであれば、ネット通販を購入することが良いことになるが、他の販売店で購入する場合にもメリットがある場合がある。

例えば、家電量販店やパソコンショップ、そしてApple storeでは、MacBookの実機がおいてあるため、触れて確認することができる。

スペックなどは、ネットでも確認できるが、本体の重さやディスプレイの見え方、キーボードのキーピッチやキーの押し具合などは、実際に見て触れてみないとわからない場合が多く、MacBookの実機を置いてある実店舗のメリットといえる。

また、ネット通販で安く販売されているMacBookは、Appleが生産している既製品で、メモリやストレージ容量などのスペックは決まっているが、Apple storeや一部家電量販店、パソコンショップでは、メモリやストレージ容量などのスペックを変更できるカスタマイズモデルを購入することができる。

なお、MacBookのカスタマイズモデルについては、Apple storeや家電量販店、パソコンショップでも価格は同じで、家電量販店、パソコンショップではおなじみのポイントもMacBookのカスタマイズモデル購入時では付かない場合が多く、さらに納品までの時間ももApple storeより時間がかかるようで、MacBookのカスタマイズモデルを購入する場合は、Apple storeで購入するのが良いかもしれない。

さらに、Apple storeだけのメリットとして、MacBookの認定整備済製品を購入することができることも挙げられる。

MacBookの認定整備済製品とは、実は、Appleが販売するMacBookの中古品のことであり、新品より約15%ほど安く購入できる。

しかも、認定整備済製品は、ただの中古品ではなく、Appleの厳しいチェックをクリアした中古品であり、加えて不具合がある場合は部品が交換されたり、汚れがある場合はクリーニングされたりなど、内部も外観も新品同然となる。

さらに、中古品でありながら、新品同様に1年間の保証が付くほか、延長保証である「AppleCare+」にも加入できる。

単なる中古品であれば、中古品販売店でも購入可能であるが、新品同然で保証が1年間付くものとしたら、Apple storeでのみ購入可能な認定整備済製品しかなく、Apple storeだけのメリットといえる。

MacBookは、販売店により特徴があるので、メリットなどそれぞれの特徴を把握して、購入する時の参考にするといいだろう。

出品一覧

中古パソコン全般についても気になる方は、こちらもチェックするといいだろう。

>> 中古パソコンを安く買うならどこがおすすめ?

中古のMacBookを購入しても大丈夫か

安くMacBookを購入する場合、中古のMacBookを購入することを検討するかもしれない。

中古のMacBookは、新品に比べてかなり安く、様々な事情から新品でもあまり値引きされることがないMacBookでは、特に有効な手段となるためである。

ただ、中古のMacBookということは、一度は使用されたものであり、購入しても大丈夫かと懸念を抱く事もあるだろう。

そのような懸念を抱くこともはもっともであるが、いくつかの点を確認して問題なければ、購入しても大丈夫といえる。

確認する点として、まず挙げられるのは製造年月で、古いMacBookは避けた方がいいと言える。

ノートパソコンの場合、長い間使用していると、ディスプレイやキーボード、さらにバッテリーなどが劣化することから、古いMacBookの場合、購入した時は問題なくても、やがてディスプレイの表示が正常でなくなったり、キーボードでキーが入力できなかったり、バッテリー残量がすぐになくなってしまうなどの異常が出る可能性は高いといえる。

また古いMacBookは、最新のmacOSへのアップデートが対象外となっている場合もあり、この場合最新の機能を使用できないことになる。

このため、中古のMacBookについては、製造年月が古いものは避けた方がいいといえる。

また、確認する点として外観も挙げられ、キズが汚れが多いものは避けた方がいいといえる。

MacBookは、屋内だけでなく屋外に持ち出して使用することもあり、キズや汚れが付きやすいと言えるが、あまりに多いと前の所有者が丁寧に扱っていなかった可能性があるほか、特に深いキズやへこみがある場合、外側だけでなく内部の基盤などにもダメージがある場合もあり、故障するリスクが高いといえる。

そのほかに確認する点として、付属品の有無があり、電源ケーブルなどがない場合、純正の電源ケーブルを購入すると、結構な費用が必要な場合もあり、可能性であれば、必要な付属品がそろっている中古のMacBookを選択したほうがいいといえる。

中古のMacBookでも前述の認定整備済製品であれば、これらのことはあまり考えなくてもいいが、中古販売店やフリマアプリ、ネットオークションで中古のMacBookを購入するときは、確認したほうがいいだろう。

また、中古ノートパソコンの注意点も参考してほしい。

>> ノートパソコンを中古で買う時の注意点まとめ

MacBookを安く販売している店舗について、や、中古のMacBookの購入について記載した。

MacBookは、購入先としていくつかあり、それぞれ特徴があるほか、中古についても通常のものや認定整備済製品もあるなど、様々な購入方法があることから、どれが自分にとって最も良いか、よく検討してから購入するといいだろう。