クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

docomoから格安スマホ(格安SIM)への乗り換え方法

最終更新日:2019/05/27

人気の格安スマホや格安simへの乗り換え方法は、意外と簡単にできる手続きです。特にオンラインサービスの充実する近頃では、ドコモ(docomo)などの大手キャリアから格安スマホへの乗り換えも、自宅に居ながらにして簡単におこなえる時代となっています。

今回は、ドコモから格安スマホ(格安sim)への乗り換え方法と、申込み時の注意点を詳しくご紹介していきます。

>> SIMフリー版スマホの中古・美品・新品端末一覧

iPhone 6

格安スマホと格安simの調達方法を検討

ドコモから格安スマホへの乗り換えをする際には、新しいスマホ端末とSIMカードの購入場所と買い方を最初に決めておく必要があります。シンプルに手続きを済ませたい乗り換え初心者におすすめとなるのが、楽天モバイルやLINEモバイル、mineoといったMVNO会社でスマホとSIMカードをセットで購入する方法です。

これに対して自分の加入予定のMVNO会社に欲しい端末がなかったり、以前から注目している機種を少しでも安く手に入れたいといった場合は、格安スマホを家電量販店や中古スマホ専門店で購入し、SIMカードだけをMNPで乗り換えするといった方法もおすすめとなります。また自分自身でスペックや商品状態などの比較検討ができる人には、スママやメルカリ、ヤフオクといったフリマサイトを使って個人間取引で掘り出し物の格安スマホを見つけるといった選択肢もあるようです。

事前にこちらもチェックしておくと安心です。

>> 格安スマホの端末のみの購入方法とメリット・デメリット

ドコモでMNP予約番号を取得する

同じ携帯電話番号を引き継ぐMNP(携帯電話番号ポータビリティー)をするときには、まず今加入しているドコモ側で、MNP予約番号の発行をしてもらいます。この取得手続きは、ドコモショップの店頭・電話・WEBのいずれかでおこなえる仕組みです。

ドコモショップの店頭でMNP予約番号を取得

乗り換えに欠かせないMNPの意味がわからなかったり、担当者から直接MNP予約番号の説明を聞きたいといった人におすすめとなるのが、ドコモショップの店頭で申込みをする方法です。この方法では、その場で予約番号を発行してもらえます。

多くのお客様の来店により混雑することの多いドコモの店舗は、基本的にネットから事前予約をしてから向かうのがおすすめです。

電話でMNP予約番号を取得

ドコモの電話窓口であるインフォメーションセンターは、午前9時〜午後8時まで年中無休で受け付けています。MNP乗り換え以外にもさまざまなトラブルで架電されることの多いこのセンターは、混雑によりなかなかオペレーターとつながらないこともあるようです。

ちなみにこの方法でMNP転出の申し出をした場合、ユーザの他社流出を防ぎたいと考えるドコモ側から「今後も継続利用していただけるのであれば」といったお願いつきで10,000〜30,000ものdポイントがもらえることがあるようです。

WEBからMNP予約番号を取得

申込み手続きを365日24時間おこなえるオンライン申込み(My ドコモ)は、最もおすすめ度の高い手続き方法です。電話や店舗と違って待ち時間のないこの手段を使えば、多忙な毎日を過ごす皆さんでもスムーズにMNP予約番号を取得できます。

また基本的な流れは、「解約お手続き」から表示内容確認とボタンを押し進めていくだけとなりますので、ユーザ自身にさまざまな選択や判断を求められる新規申し込みや機種変更などを比べると、初心者でも簡単におこなえる手続きと捉えて良さそうです。

発行されたMNP予約番号をメモしておく

ドコモから発行されたMNP予約番号は、転出先MVNOでの手続きに必要となります。ちなみに一度取得した番号は、My ドコモから確認可能となりますが、わざわざログインをしてこの画面を開くのが面倒といった場合は、紙やスマートフォンなどにメモをしておいても良いでしょう。

ドコモでMNP予約番号を発行してもらうときの注意点

ドコモなどの大手キャリア会社から転出する際には、下記のようなポイントに注意をする必要があります。

MNP予約番号の有効期限

まず前述の手続きで発行されたMNP予約番号には、15日間という有効期限があります。そのため基本的に取得の申込み手続きは、転出先となるMVNOでの格安スマホやSIMカードの購入申込みをする直前におこなうのが理想です。

有効期限が過ぎた後のMNP乗り換えでは、MNP予約番号の再発行が必要となりますので、注意をしてください。

意外にたくさんかかる手数料

格安スマホへの乗り換えをする際には、下記のような手数料がかかることを頭に入れておく必要があります。

  • ・MNP転出事務手数料(ドコモ) → 2,160円
  • ・新規契約事務手数料(転出先) → 3,240円

この他に、一般的に2年縛りと呼ばれる定期契約ありのプランを更新月以外に解約した場合は、9,500円もの解約金がかかってしまいます。また端末の分割払いの最中においても、その残金を継続的に支払う必要がでてきますので、安くお得な格安スマホや格安simへの乗り換えをするときには、時期やタイミングも重要になってくると言えるでしょう。

MNP予約番号の発行=解約完了?

転出元となるドコモの契約は、次のMVNOでおこなうMNP転入が完了したタイミングで解約完了となります。そのため例えば、欲しい格安スマホが見つからないなどの理由でいつまでもMNP申込みをおこなわないまま予約番号を放置していると、いつまで経ってもドコモの月額料金が請求されてしまいます。

格安スマホ(格安sim)の申し込み、開通手続き

格安スマホや格安simにおける申込み手続きの詳細は、転出先となるMVNO会社によって大きく内容が異なる実態があります。そのためここでは、近年のランキングなどでも1位に入っている楽天モバイルなどの流れを見ながら、手続き時のポイントを確認していきます。

MVNOの特徴と契約方法についてはこちらも参考にしてみてください。

>> 格安SIMに乗り換えたい方必見!契約方法や有名MVNOの特徴まとめ

MNP転入先での申込みは早くおこなう

新たに契約するMVNOでの手続きで最も注意すべきなのは、各社の申込みルールの中にMNP予約番号における有効期限までの残日数が定められていることです。

例えば、楽天モバイルやDMMモバイル、mineoなどでは、有効期限が10日以上残った予約番号のみを受付対象としています。そのため、転出元となるドコモ側でMNP予約番号を受け取ったら当日〜翌日ぐらいの間に、MVNO会社での申込み手続きをするのが理想となるのです。

WEBページからの申込み

365日24時間利用可能なWEB申込みは、MNP転入時にもメリットの豊富な手続き方法となります。自分のペースでプランや機種選びのできるWEB申込みには、目的に合ったものをじっくり探せる利点があります。

実店舗での申込み

ショップスタッフから説明を受けたい、不明点をその場で全て解消したいといった人には、実店舗での申込み手続きがおすすめとなります。この方法には、端末やSIMカードの引き渡しから開通まで全てその場で完結できるというメリットもあります。

ただし大手キャリアと比べて店舗数の少ないMVNOの場合、乗り換え完了までに多くの時間を要する可能性がありますので、WEBからおこなう事前予約などを活用するのがおすすめとなるでしょう。

MNPによる開通手続きの注意点

申込み商品が自宅に届いたら、WEBページもしくは電話で開通手続きを進める形となります。専用の開通受付センターを開設している楽天モバイルの場合、電話によるMNP転入をおこなった方が、新スマホがネットや電話につながらない時間が遥かに短くなります。

これに対してWEBから開通申込みをしたときには2〜3日、新旧両方のスマホがネットや電話につながらない期間が生じてしまいます。そのため、仕事やプライベートの連絡で日々使う携帯電話やスマートフォンの乗り換えをする際には、手続きの簡単さだけでなく、開通までの期間などもチェックするようにしてください。