全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

タブレットを格安・激安で購入する方法・場所・サイトまとめ!

最終更新日:2019/06/10

平成に入って1番のITでの開発はなにかと問われたときに皆さんの頭の中に出てくる単語のひとつにスマートフォン(以後スマホ表記)やタブレット端末のことを言うい人もいるだろう。

タブレットは、移動中に電子書籍をよんだり、ソファでゆっくり映画やアニメを楽しんだり、キーボードをつけてノートパソコンの代わりに使ったり、ペンでイラストを描いたりとさまざまな使い方ができる便利なデバイスとなっている。

ICT機器の普及により作業の効率化を求める現在の潮風では日本において会社や学校にパソコンやスマホが生活必需品になるまでとなっていて、スマホやタブレットは発売されてから年々進化していき、今では様々な日常道具アプリなどの開発によりパソコンと事務作業レベルのことだと代替できるほどとなってきている。

確かに専門的なプログラミングなどの開発となるとserverの問題などからパソコンが無くなることはないが普段生活している主婦や機械に疎い人からするとスマホとノートパソコンよりスマホとタブレット端末の2点セットのほうが一般的となってきた。

タブレット端末のメリットはノートパソコンより軽いため、仕事や学習の際に持ち運びをしやすいという点であり、最近はそのスマートさからノートパソコンからタブレット端末に切り替えるビジネスマンや学生も少なくないようだ。

しかし、問題は値段の方でノートパソコンとほとんど変わらない位の値段がしてしまい、経済的に乗り換えたくても乗り換えることができず、妥協してそのままの人もいる。

そこで本記事ではApple社のipadをはじめとするタブレット端末の商品を購入する際にどうやったら格安にタブレット端末を購入できるのかということと、中古での買い方について記載していく。

タブレット

タブレットを格安で購入する方法

Wi-Fiモデルを購入する

現在タブレットの購入時に選択できることはWi-FiモデルかWi-Fi+cellularモデルがあり、Wi-FiモデルはWi-Fiがある環境でしかインターネットを使用することができず、Wi-Fi+cellularモデルはWi-Fi環境がなくてもインターネットに接続することができる。

例えばApple社のipadProでサイズや昨日によって値段は変わるが、第6世代のWi-Fiモデルで89,800(税別)からでWi-Fi+cellularモデルで106,800(税別)からとなり、iPadでWi-Fiモデルが37,800(税別)からでWi-Fi+cellularモデルで52,800(税別)からとなっていて、Apple社の場合旧型であろうと新品であれば値段が変動することはあまり見受けられないことが分かる。

他の企業のタブレット端末の場合は韓国のファーウェイのmediapadがWi-Fiモデルで19,024(税別)からで人気で、Microsoft社のSurfaceだとWi-Fi+cellularモデルで60,000(税別)からと機種、サイズ、サービスなどによって値段は変動してくる。

スマホとタブレット端末を同時に持つことでテザリング機能を使いインターネット接続をすることができるため、Wi-Fiモデルであっても外出時にインターネットを使用することができるし、最近の都心ではオープンネットWi-Fiが主流なため外出先でもWi-Fiモデルでもインターネット接続をすることができるのでWi-Fi+cellularモデルにしなくても特別不便することはないだろう。

そのためスマホを持っていない人や、Wi-Fi環境を気にせず使用したい人でない限り値段の比較的低くなるWi-Fi モデルをオススメする。

旧型のものを購入する

Apple社の商品に関しては新型のシリーズが出ると旧型はAppleの公式サイトから消えてしまうが、Apple社の商品はたとえ旧型であろうと値崩れは大きく起こらず、他社に関してもMicrosoftなどはさほど変動はないようだ。最新モデルだけが持つ機能が必要になるのは、高度な編集作業をこなす人ぐらいだと思うし、一つや二つ前のモデルを購入しても、長く使えるので問題なく、性能も充分であると考えられる。

中古での買い方について

タブレットは、新たに様々な機種が発売され、そしてタブレット端末は日々進化し、今後もさらなる高機能なタブレットが発売されていくであろう一方で、そこまで、高機能でなくても日常的に使用する場合は充分に使用することができる。

狙いは一年前から二年前のモデルである。なぜかというと、少し前のタブレット端末は最新機種と比べてもそれほどスペック的に劣っているわけでなく、さらに中古なので安く買える場合が多いためである。スペックにこだわりがない人は、もっと前のモデルを購入してもいいかもしれない。

赤ロムに注意

分割払いでタブレット端末を購入してが、支払いが滞った場合や、盗難されたタブレット端末である場合などは赤ロムになることがある。さらに、購入時に身分証明などで不正があった場合などがあり、それらにより、キャリアがそのタブレット端末を通信不能にしてしまうのである。

赤ロムになった端末は使用できなくなる。また、赤ロムという名称は、画面に表示される通常白色の電波マークがキャリアから通信不能状態にされることが由来とされる。

赤ロムは、一度赤ロムになってしまうと解消する手段がなく、たとえ、前のユーザーが代わりのタブレット端末の残債を払ったとしても赤ロムは解消されないので確認が必要である。ただ、赤ロムになってもwi-fi経由での通信は可能なので、赤ロムとなった場合はwi-fi専用端末と割り切るのも手である。

近年では、中古タブレット販売業者も販売前に赤ロムチェックを入念に行なっており、赤ロム端末を購入する危険性は減っているが、当初赤ロムでなかった端末が赤ロムになる場合もあるので赤ロム保証があるショップで購入するのをお勧めする。

赤ロム保証とは、赤ロムとなった端末を交換、もしくは返金してくれる赤ロムを対象としたサービスである。そういったところで購入すれば安心である。

フリマやオークションには注意

オークションやフリマと言った個人と取引する場合は、サービスや保証はまずないので、赤ロムである危険性が高い。また、バッテリー持ちが悪い時もある。バッテリーは新品のころが1番長く使用することができ、使用するにつれて劣化する。

そのため、すでに使用された中古端末はバッテリーが劣化していることが多く、多少の劣化なら問題なく使うことができるのだが、中にはかなり、バッテリー持ちが悪いのもあるので気をつけておくべきである。

機種によってはバッテリーが交換可能な場合があり、交換用よバッテリーを購入して交換することができるのだが、バッテリー交換不可能なタブレットの場合は、そのような手段はとることができない。

まとめ

ここでは、タブレットを安く購入する方法や中古での買い方について記載した。安く購入する方法はいくつかあるのが、それぞれにメリット、デメリットがあり、メリットばかりに気を取られがちなのでデメリットもよく見てから比較して検討してほしい。また、タブレットは高性能な機種が年々発売されているので、逆に考えたら型落ちして安くなっている高性能なタブレットが増えているということなので情報収集を怠らず自分の納得できるタブレットを選んで欲しい。