クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

SurfaceなどのWindowsタブレットを安く買う方法とは?中古で購入しても問題ないか

Windowsタブレットは、MicroSoftが開発したOSであるWindowsを搭載したタブレットとなる。

Windowsタブレットは、パソコンと同じ環境を構築できることから、MicroSoftや、ASUS、Lenovo、Dynabook、富士通など、パソコン関連のメーカーが販売していることが多い。

Windowsタブレットは、価格重視の比較的安価なものもあるが、高性能なものになると10万円をこえるものもあるなど、高額となることから、Windowsタブレットを購入する時は、安く販売する販売店を探すことも重要となってくる。

ここでは、Windowsタブレットを安く販売する販売店や、中古のWindowsタブレットの購入について記載する。

windowsタブレットを中古で安く買う

・Windowsタブレットには販売価格が安くなる時期がある

最初にWindowsタブレットには販売価格が安くなる時期があることについて記載する。

WindowsタブレットなどのIT機器や家電製品は、時期により販売価格が変動することから、販売時期が安くなる時期が、その製品の買い時であるといえる。

では、販売価格が安くなる時期はいつかというと、一般に言われるのが、メーカーや販売店の決算時期と一般企業などのボーナス支給時期となる。

これらの時期は、決算時期は売上を伸ばすため、ボーナス支給時期は消費者の購入意欲を刺激するため、それぞれの理由により、販売促進のセールを実施することから、製品の販売価格が安くなるのである。

その他に、販売価格が安くなる時期として、新モデルが発売される時期がある。

これは、新モデルが発売されると旧モデルの扱いとなり売れ行きが落ちる現行モデルを、新モデルが発売される前に売ろうとして販売価格を下げることがあるため、販売価格が安くなるのである。

この新モデルの発売時期は、製品によって異なるため、新モデルが発売されることによる製品の販売価格が安くなる時期は、製品によって異なる。

Windowsタブレットの場合は、新モデルの発売時期は、日本メーカーと海外メーカーによって異なる。

日本メーカーは、パソコンの新モデルを1月ころ、5月ころ、9月ころ、と年3回発売することが多い。

そのため、販売価格が安くなるのは、1月前後、5月前後、9月前後となるが、ただ、発売する新モデルは、ノートパソコンが中心で、Windowsタブレットは常に発売されるわけではないようだ。

そのため、日本メーカーの新モデルが発表になったら、その中にWindowsタブレットがあるか確認して、もしWindowsタブレットの新モデルがあるようなら、現行モデルのトの販売価格を見て、安くなるようなら購入するといいだろう。

次に海外メーカーだが、海外メーカーは、日本メーカーのように定期的に新モデルを販売するようなことはないようだ。

そのため、海外メーカーの場合は、新モデルが発表になったら、現行モデルの販売価格を確認して、安くなったら購入するといいだろう。

・Windowsタブレットの販売価格が安い販売店は

Windowsタブレットは、家電量販店やIT機器販売店、ディスカウントショップなどの実店舗やネット通販で販売されている。

この中で販売価格が安い販売店は、ネット通販であることが多いようだ。

ネット通販は、商品を展示するための展示スペースや販売対応をする販売員が必要ないことから、維持費や人件費などこれらにかかる経費を削減することができ、さらに、削減した分を販売価格の引き下げに回すことができるため、実店舗より安く販売できるのである。

さらに、ネット通販は、スペースの都合で販売できない旧モデルや、中国メーカ—など日本ではマイナーなメーカーのWindowsタブレットも安く販売しているため、安く購入できるWindowsタブレットの種類も多い。

以上のことから、Windowsタブレットを購入するのであれば、販売価格も安く種類も多いネット通販でよい、となるのだが、実店舗には、ネット通販にはないメリットがある場合も多い。

例えば、メリットして長期保証があり、家電量販店では、製品にもよるが3年以上の長期保証が付けられるが、ネット通販の場合は、販売店にもよるが、メーカー保証の1年間しか保証されないことも有り、長期間使うことも有るWindowsタブレットでは、やや不安が残るといえる。

また、Windowsタブレットの仕様や外観などは、ネットでも確認できるが、実際の重さや質感、ディスプレイの具合やタッチの反応などは、実物を見て触れないとわからないことが多く、実物が置いてありこれらのことを確認できるのは、実店舗ならではのメリットといえるだろう。

Windowsタブレットは様々な販売店で販売しているが、それぞれ特徴やメリットがあることを理解したほうがいいだろう。

・中古のWindowsタブレットを購入しても大丈夫か

Windowsタブレットを安く購入する場合、中古のWindowsタブレットの購入を検討することもあるだろう。

中古品は、新品に比べると安く購入できるからであるが、中古は、一度は使用された製品であり、そのような製品を購入しても大丈夫か、と思われるかもしれない。

中古のタブレットを購入する時は、新品より確認すべき点は多いが、それらが問題なければ購入しても大丈夫といえるだろう。

確認すべき点として、製造年があり、出来るだけ新しいものを購入したほうがいいだろう。

Windowsタブレットは、長年使用していると、ディスプレイやバッテリーなどが劣化して、正常に使用できなく場合もあるほか、USBやWi-Fiなどのインターフェースの仕様が古いと、他の機器が最新の仕様に対応していても生かすことができないなど、古いWindowsタブレットでは、デメリットが多いためである。

また、Windowsタブレットは持ち運んで使用する事多い製品であるので、中古では、汚れやキズがある事も多いが、汚れやキズがあまりに目立つと見た目が悪いほか、深い傷や凹みがある場合は、表面だけでなく内部もダメージを負っていることがあるので、Windowsタブレットの外観も確認すべき点であり、傷や汚れが多い場合や、深い傷や凹みがある場合は、避けたほうがいいだろう。

Windowsタブレットを安く販売する販売店や、中古のWindowsタブレットの購入について記載した。

Windowsタブレットは、様々な販売店で販売されているが、それぞれメリットがあるほか、購入の候補として中古のWindowsタブレットもあることから、使用環境や予算なども含めてどこでどのようなWindowsタブレットを購入するのがよいか、検討したうえで購入するといいだろう。