全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

【2019年版】Chromebookはどれがおすすめ? スペック・特徴の比較や選び方

最終更新日:2019/05/24

ChromebookはGoogleが開発している「Chrome ブラウザ」のみを利用できるノートパソコンである。

Chromebookの特徴として最も目立つのは価格の安さで、3万円台からと手軽に購入することができ、また、起動の速さや端末自体の軽さからとても使い勝手が良い。

日本国内と海外で販売されているモデルが異なるので、今回は日本国内から家電量販店や各メーカーから購入できるものを紹介し、モデルごとの特徴を記載していく。

chromebook

Chromebookの選び方

Chromebookを選ぶ際、以下の3つのポイントを意識した上で購入していただきたい。

・価格

・処理速度

・重量

近年ではノートパソコンの価格は安価なものも多いが、起動に時間がかかったりとストレスが溜まりやすい、しかしChromebookは3万円台から購入できる安さながら起動時間が早いなど快適に使うことができる。

搭載されているCPUやメモリ容量など処理速度に関わる性能はモデルごとに異なってくるので、価格を気にしないならばなるべくスペックが良いものを選ぶと良いだろう。

Chromebookは高機能を持つノートパソコンではないので、高負荷のゲームや動画編集などはできないが、ネットで調べ物したり、TwitterなどのSNSを利用したり、仕事のメールを送ったりと日常的に使う分には快適に操作できる。

外に持ち運ぶことも多いノートパソコンは端末の重さが重要な要素となっており、Chromebookは軽いものは1kg以下と非常に軽いので、どんな場所にも持ち運んで手軽に使えるのでとても便利だ。

Chromebookの容量は基本的に32GB〜64GBほどで少なく感じるが、microSDカードでストレージを拡張できたり、オンラインストレージで保存したりできるので気にならないだろう。

すでにメインのPCを持っているが外に持ち運んで使いたい人や、ゲームなどはしないがノートパソコンの広い画面でネットショッピングやSNSをしたい人にChromebookはおすすめと言える。

おすすめChromebook

ASUS Chromebook Flip C434TA

ASUS Chromebook Flip C434TAは液晶ディスプレイが360°回転させることが可能で、軽い力で動かせるので簡単に使いやすい角度にでき、また、タッチパネルを搭載しているおかげでタブレットのように使えたりと様々な使い方ができる。

CPUはCore m3-8100Yを搭載し、メモリは8GBとスペックの高いモデルとなっており、ネットで検索したり、文章を作成したりと日常的に使う動作においては快適に操作可能、さらにGoogle Playストアから豊富な種類のアプリをダウンロードすることで幅広い作業をこなせる。

パソコン自体のサイズを抑えつつ、ベゼルの幅を最大限狭くすることで没入感ある14インチの大画面を実現、また大きい画面ながらも厚さ15.7mm、重さ1.45kgと持ち運びやすいデザインとなっている。

Chromebookの中では高スペックなのでメインのノートパソコンとして使いたい人におすすめのモデルである。

ASUS Chromebook C223NA

ASUS Chromebook C223NAの特徴として最も目立つのは、本体の重さが1kgを切る約999gという軽さである。

A4サイズより小さい本体に約17mmの暑さのおかげでどのようなシチュエーションでもノートパソコンがあるのが煩わしくなく、その軽さから長時間持ち運んだとしてもほとんど重さを感じないだろう。

CPUにCeleron Dual-Core N3350、メモリに4GBを搭載しており、ネットで検索するなど基本的な作業はスムーズに操作でき、またバッテリー駆動時間は約11.3時間と非常に長いので外出先でもバッテリー切れを気にすることなく使用できる。

持ち運びやすさを重視しどのようなシチュエーションでも使いやすいノートパソコンが欲しい人におすすめのモデルだ。

ASUS Chromebook Flip C302CA

ASUS Chromebook Flip C302CAはCPUにCore m3-6Y30プロセッサーを搭載、メモリは4GBなので文章作成など日常的な動作はもちろん、様々アプリをダウンロードしてもスムーズに操作できる。

本体の暑さは13.7mmと非常に薄く、重さは1.2kgと軽いのでどこに持ち運ぶにしても邪魔にならず、さらにバッテリー駆動時間は約10.2時間と長いのでコンセントを探す手間なく使い続けられる。

マルチタッチ対応液晶ディスプレイを採用しているので簡単にタッチして動かすことができ、またキーボードを打ちやすいように大きくしタッチパッドサイズも広く取っているので、誤作動が少なく、ブログやメールなど文字を多く打つ場面では非常に使いやすいモデルとなっている。

Acer Chromebook Spin 11 R751T-N14N

Acer Chromebook Spin 11 R751T-N14Nはマルチタッチに対応しており、また液晶が360°回転でき使用するシチュエーションに合わせて形を変えられるので、スマートフォンやタブレットのように直感的に操作できる。

CPUはCeleron N3350、メモリは4GBを搭載していることで文章を作成したりネットを閲覧したり普段使いではストレスなく操作でき、複数のアプリを開いたとしてもカクつくこと無く動作する。

最大約10時間稼働しつつけるバッテリーに加え、タイピングしやすい大きいキーボードは最大で330mlの液体をこぼしても壊れない防水性能を持っているので安心してカフェなどでも使うことが可能。

4万円台と安価でスマートフォンやタブレットのようにタッチパネルで操作できつつ、ノートパソコンの性能をもつモデルが欲しい人におすすめだ。

Acer Chromebook 11 C732-F14N

Acer Chromebook 11 C732-F14Nの最大の特徴はバッテリー駆動時間約12時間という圧倒的なバッテリー持ちである。

朝パソコンを持ってコンセントのない場所で仕事をしたとしてもそのまま夜まで使い続けることができるので充電を気にする必要がなくなり、また表面から突起物をなくし、本体サイズはA4サイズ大なので持ち運びやすさは抜群だ。

ボディの強度は非常に強く万が一、机など高い場所から落としてしまったとしても壊れることがなく、さらに防水性能も兼ね備えているので飲み物をこぼしたとしても故障しない安心設計となっている。

CPUはCeleron N3350を搭載し、メモリは4GB、ストレージは32GBと標準的なChromebookのスペックだが、壊れにくい設計とバッテリー持ちの良さから長い間使い続けられるノートパソコンとなっている。

Chromebookの購入方法

Chromebookは各メーカーの公式サイトや家電量販店などで購入することができるが、スママなどの中古販売サイトや個人オークションなどでも購入することができる。

中古販売サイトで購入すれば各メーカーの最新作のノートパソコンから1世代前のものまで豊富な種類を取り扱っており、価格も定価よりも大幅に安くなるので非常におすすめだ。

また、家電量販店などであれば実際にノートパソコンを触れるので、動作の速さやアプリの起動スピードなど細かい部分まで確認するこができ、さらに店舗にいる専門のスタッフにわからないことができるので安心感がある。

まとめ

Chromebookは3万円台から購入可能と非常に安く、1kg前後の重さと持ち運びやすいので場所を選ばずノートパソコンを使うことができる。

自宅ではスペックの高いパソコンを使い、外にはChromebookを持っていくようにするなど用途や場面に応じて使い分けることでよりChromebookの良さを実感できるだろう。

どのような場面で使いたいのかをしっかり考えた上で、自分の求めるChromebookを探し検討していただきたい。