クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

【2019年 春版】リンクスメイトのsimカードが使えるおすすめ端末・機種まとめ

最終更新日:2019/05/16

リンクスメイトが提供しているスマホ端末は主にHUAWEI、ASUS、HTCなどの最新の機種を取り扱っており、iPhoneシリーズの最新作も動作確認済みとなっているので幅広い端末を快適に使うことができる。

そこで、リンクスメイトが使えるスマホ端末をメーカー毎のおすすめ機種を紹介していき、それぞれのスマホの特徴を紹介していく。

リンクスメイトの特徴として対象のゲームのデータ通信量をカウントしないなどのゲーム関連の特典が多いためゲームをたくさんプレイしたい人にとってメリットのある端末を記載する。

1.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:HTC U12+

HTC U12+はSnapdragon 845を搭載しRAM6GB、ROM128GBとハイスペックなモデルとなっており、普段のネットなどはもちろん複数個のアプリを起動したり負荷のかかるゲームをプレイしても快適に動作可能である。

また背面カメラ、内側カメラ共にデュアルカメラを搭載していて一眼レフカメラのようなボケ感を演出し撮影することが可能だ。

ディスプレイサイズは6インチと大きく、端末カラーはトランスルーセントブルー、セラミックブラック、フレームレッドの3色で展開されており、特にトランスルーセントブルーは端末のバックパネルが半透明のブルーで非常に美しいデザインとなっている。

>> HTC U12+ (プラス) 中古・新品の最安値を価格比較

HTC U12+
発売日 2018年7月20日
価格 96,984円(税込)
OS Android 8.0
RAM/ROM 6GB/128GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6インチ
サイズ 156.6 x 73.9 x 9.7(mm)
重さ 188g

2.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:Apple iPhone XS Max

Apple iPhone XS MaxはiPhoneシリーズの12世代目で、iPhone XS/XRと同時期に発売された機種である。

CPUはAppleが独自に開発したA12 Bionicを搭載しており、2つの性能コアと4つの効率コアによって高負荷のゲームも快適にできる。

XS Maxの特徴としてXSと比べると機能面ではほぼ同じだが、ディスプレイが6.5インチ、サイズが157.5 x 77.4 x 7.7mmと大きい。

価格は13万円台と高めであるが高性能なCPUに加え4GBのRAM、そして6.5インチの大画面でゲームや映像を快適に楽しめることを考えると非常に良いスマホだと言える。

>> iPhone XS Max 中古・新品の最安値を価格比較

Apple iPhone XS Max
発売日 2018年9月21日
価格 134,784円(税込)
OS iOS 12
RAM/ROM 4GB/64GB
CPU Apple A12
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.5インチ
サイズ 157.5 x 77.4 x 7.7(mm)
重さ 208g

3.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:SHARP AQUOS R2 SH-03K

SHARP AQUOS R2 SH-03KはSnapdragon 845を搭載しRAM4GB、ROM64GBとスペックの高い端末となっており、ゲームや複数のアプリを起動した時でも快適に操作できる。

また、背面カメラは2260万画素の標準カメラと1630万画素の動画専用カメラの2つを搭載し、内側カメラは1630万画素と高性能カメラである。

特に動画専用カメラは最大で135°の超広角カメラであり、ダイナミックな構図で人や建物など多くのものを一度に撮影することが可能。

また、縁ギリギリまで広がる6インチのディスプレイサイズのおかげで映像やゲームを臨場感いっぱいに楽しむことができるだろう。

SHARP AQUOS R2 SH-03K
発売日 2018年6月8日
価格 75,384円(税込)
OS Android 8.0
RAM/ROM 4GB/64GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6インチ
サイズ 156 x 74 x 10(mm)
重さ 181g

4.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:SAMSUNG Galaxy Note 9

SAMSUNG Galaxy Note 9はSnapdragon 845を搭載し、RAMは6GB、ROMは128GBと高スペックの機種であり、さらに4,000mAhの大容量バッテリーを備えることで高負荷のアプリを長時間快適に楽しむことができる。

Galaxy Note 9の特徴としてSペンと呼ばれる専用のタッチペンが付いており、文字やイラストを書くことはもちろんペンについているボタンを長押しすることで遠隔撮影が可能である。

最先端のプロセッサを搭載することでオンラインゲームでのタイムラグを減らし、また長時間ゲームを起動していても端末が熱くなるのを防ぐウォーターカーボンクーリングシステムを内蔵しているので最高のパフォーマンスを実現可能にしている。

SAMSUNG Galaxy Note 9
発売日 2018年10月25日
価格 126,360円(税込)
OS Android 8.1
RAM/ROM 6GB/128GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6.4インチ
サイズ 162 x 76 x 9.3(mm)
重さ 201g

5.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:ASUS ROG Phone

ASUS ROG Phoneは快適にゲームをプレイをすることを目的に作られたスマホであり、 CPUはSnapdragon 845、RAMは8GB、ROMは512GBとこの記事で紹介している他の機種と比べて圧倒的なスペックを誇っている。

特別に設計されたGameCoolシステムによって高負荷のオンラインゲームなどで発する熱を抑制し、さらに着脱式のAeroActive Coolerを装着することでさらに冷却し、いつでも快適でスムーズな動作を可能としている。

USB Type-Cポートはスマホ端末下部と左側面の2箇所についていて、これはスマホを横向きにした時に充電ケーブルが邪魔にならないように設計されたものであり、ゲームを快適にプレイするため、細部にまでとことんこだわって作られている。

ASUS ROG Phone
発売日 2018年11月23日
価格 129,060円(税込)
OS Android 8.1
RAM/ROM 8GB/512GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ なし
ディスプレイ 6インチ
サイズ 158.8 x 76.1 x 8.3(mm)
重さ 200g

6.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:Google Pixel 3 XL

Google Pixel 3 XLは最高性能のSnapdragon 845を搭載しておりRAMは4GBとスペックもハイクラスであり、ROMは64GBと128GBの2つから選べるので、自分の要望にあったストレージを選ぶことができる。

バッテリー容量は3,430mAhで急速充電を兼ね備えており、ゲームを長時間プレイした場合でもすぐに充電し再度プレイすることが可能。

カメラはシングルレンズだが被写体を認識し背景を綺麗にぼかして撮影ができるポートレートモードがあるのでとても使い勝手のいい端末と言える。

>> Pixel 3 XL 中古・新品の最安値を価格比較

Google Pixel 3 XL
発売日 2018年11月1日
価格 95,000円(税込)
OS Android 9
RAM/ROM 4GB/64GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.3インチ
サイズ 158 x 76.7 x 7.9(mm)
重さ 184g

7.リンクスメイトが使えるおすすめスマホ:OPPO Find X

OPPO Find XはRAMは8GB、ROMは256と高機能でCPUはSnapdragon 845を搭載しているので高負荷の重いゲームなどをしても高いパフォーマンスを可能にした。

またゲーム加速モードという機能が備わっており各種通知のOFFやグラフィック処理の最適化などゲームを快適にプレイすることができる。

カメラの性能もとても良く、背面カメラは2,000万画素と1,600万画素のデュアルカメラを搭載しており、内側カメラは2,500万画素と非常に高性能で、光学式手ブレ補正も搭載しているため一眼レフと撮影した写真に劣らない写真を撮影可能だ。

>> OPPO Find X 中古・新品の最安値を価格比較

OPPO Find X
発売日 2018年11月9日
価格 107,870円(税込)
OS ColorOS 5.1(based on Android8.1)
RAM/ROM 8GB/256GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.4インチ
サイズ 156.7 x 74.2 x 9.6(mm)
重さ 186g

スマホ端末のみの購入

スマホ端末は基本的にドコモやau、ソフトバンクなどの各キャリア、MVNOが提供している回線を契約した上でSIMカードとセットで購入することになるが、家電量販店やオークション、スママなどの中古スマホ販売サイトではスマホ端末のみを購入することができる。

格安SIMをすでに使っていてスマホ端末だけを変えたい場合は、オークションや中古スマホ販売サイトであれば1世代前の端末から最新作まで種類も豊富で値段も安く手に入るのでおすすめだ。

家電量販店であれば最新のスマホ端末を実際に手に取り、自分の手に収まるサイズ感や動作確認ができ、自分の好みかどうか確かめられ、店舗にいる専門のスタッフにわからないことが聞けるのは安心感がある。

まとめ

リンクスメイトはHUAWEIやASUSなどの端末を提供しつつもiPhoneなどの多くの端末も動作確認済みで、使える端末の種類が多い。

また、ゲームに関する特典が多くゲームをスマホ端末で本格的に楽しみたい人はハイスペックのスマホを購入することで存分にプレイすることができるだろう。

性能が良い端末となると価格もその分高くなってしまうが、スママなどの中古スマホ販売サイトであれば定価よりも安く希望の端末を購入することができる。

そのためにもリンクスメイトのホームページにある「動作確認済み端末一覧」を確認した上で自分の求める端末を探すことを勧める。