クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

格安SIMに乗り換えたい方必見!契約方法や有名MVNOの特徴まとめ

最終更新日:2019/05/27

大手キャリアを卒業して格安SIMへの乗り換えを検討している方に向けて、今回は人気MVNOへの乗り換え方法をご紹介します。どのサービスもウェブ上での申し込みが可能となっているので、自宅にいたまま簡単に乗り換えることができます。

>> SIMフリー版スマホの中古・美品・新品端末一覧

格安SIMへ乗り換える前に知っておきたいこと

docomo、SoftBank、auなどの大手キャリアから格安SIMへ乗り換える際、あらかじめ必要な準備があることをご存知でしょうか。この準備を怠っているとスムーズに乗り換えができなかったり、面倒な手続きを一から行う必要があるので注意しておきましょう。

格安スマホへの乗り換えの注意点はこちらも参考にしてください。

>> 格安スマホへの乗り換え方法と注意点!

MNP予約番号を用意する

「090-XXXX-XXXX」「080-XXXX-XXXX」「070-XXXX-XXXX」などの現在使用している電話番号のまま格安SIMへ乗り換える場合は、MNPの予約番号が必要になります。

MNPとは、携帯電話ナンバーポータリビティという制度で、他のキャリアやMVNOへ乗り換えても同じ電話番号のまま使うことができるというサービスです。 MNPはどの大手通信会社またはMVNOにも対応しているので、まずはこのMNP予約番号を用意しておきましょう。

電話番号を使ったSMSはそのまま使用することが可能ですが、キャリアのメールアドレスは引き継げないので注意しておきましょう。

SIMフリー端末を用意する

いま使用している端末のまま格安SIMへ乗り換えるなら、SIMロックを解除しなくてはなりません。キャリアで契約した端末には、キャリアが独自の利用制限を施しています。そのため他社のSIMカードを差し込んでも利用することができません。

キャリアのオンラインでもショップでもSIMロックを解除することは可能ですが、端末の種類によっては対応不可となるケースもあります。その場合は新たにSIMフリースマホを購入しなくてはなりません。

お手持ちのスマホがSIMロック解除できるかどうか調べたいときは、気軽にスママのチャットで相談してみてください。もしもSIMロック解除に非対応の場合でもおすすめのスマホを予算に合わせて提案してくれます。

端末のみの購入についてはこちらも参考にしてください。

>> 格安スマホの端末のみの購入方法とメリット・デメリット

支払い方法

格安SIMを販売しているMVNOによっては、支払い方法がクレジットカードのみとなっている場合があります。銀行振替に対応している事業者はまだ少ないという現状があるので、クレジットカードをお持ちでない方は格安SIMを契約する際に注意しておきましょう。

~銀行振替に対応している格安SIM~ 楽天モバイル、UQモバイル

キャリア以外のメールアドレスが必要

docomo、au、SoftBankの大手キャリアからMVNOに乗り換えるとき、今まで使っていたキャリアのメールアドレスが使用できなくなります。そのためいまキャリアのメールアドレスを使用している方は、MVNOに乗り換える前にあらかじめGmailなどのフリーアドレスを取得し、移行しておく必要があります。

MVNOによってはMVNOキャリアのメールアドレスを設けているので、契約時に申し込めば利用することができます。ただしキャリアによって月額利用料が異なっていたり、アドレスを提供していない会社もあるので、契約をする際に必ず確認をしておきましょう。

MVNO各社の料金についても知りたい方はこちらもチェックしてください。

>> 格安スマホ各社の特徴や料金の比較

楽天モバイルへの乗り換え方

楽天モバイル

参考:楽天モバイル公式サイト https://mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは、楽天株式会社が運営するMVNOの通信サービスです。他のMVNOよりも料金プランやオプションサービスが充実しており、実店舗も展開しているので初めて格安SIMに乗り換える方でも気軽に相談しやすいといった特徴があります。

さらに楽天スーパーポイントを使うことも貯めることもできるので、楽天市場のヘビーユーザーの方にはとてもおすすめの格安SIMといえるでしょう。

「Web」または「店舗」で契約可能

楽天モバイルへ乗り換える際は、Webもしくは店舗で申し込むことが可能です。 お近くの店舗を検索する際は、公式サイトから探してみてください。

乗り換え時に必要なもの・支払い方法

  • ・契約者の本人確認書類
  • ・楽天会員のユーザーIDとパスワード
  • ・本人名義のクレジットカード/キャッシュカード
  • ・MNP予約番号(※電話番号を引き継ぐ方のみ)

対象の契約のタイプによって必要なものが異なってくるので注意しておきましょう。

支払い方法は本人名義のクレジットカード・デビットカード、キャッシュカードなどが必要となります。銀行振替に対応しているので、クレジットカードを持たない人でも乗り換えやすいのではないでしょうか。

乗り換えまでの流れ

楽天モバイルでは、

  • ・端末+SIMカード
  • ・SIMカードのみ

から選ぶことができます。

説明に従って好みのプランなどを選択し、必要ならオプションもチェックしていきましょう。もちろん不要であればオプションやアクセサリーを選択する必要はありません。最後に個人情報などの必要事項を入力して契約内容に間違いがなければ完了となります。

参考:https://mobile.rakuten.co.jp/flow/?l-id=header_pc_flow

楽天モバイル対応のスマホを安く買うならこちらから!

mineo(マイネオ)への乗り換え方

マイネオ

参考:マイネオ公式サイト http://mineo.jp/

mineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが運営するMVNOの通信サービスです。

mineoのユーザー同士ならパケットをシェアできるという、従来のサービスとは一線を画した特徴があります。その他にも、パケットをプレゼントすることができる「パケットギフト」や、全国のユーザーとパケットをシェアできる「フリータンク」などがあります。

料金プランは大きく分けて2つ

mineoの料金プランは、au回線のAプラン(auプラン)と、ドコモ回線のDプラン(Dプラン)から選ぶことができます。

どちらのプランにも、データ通信のみの「シングルタイプ」とデータ通信と音声通話がセットとなった「デュアルタイプ」が用意されていて、基本データ容量によって料金が変動するようになっています。料金は少しだけDプランの方が高くなっていますが、そこまで料金に大差はありません。

参考:Aプラン(http://mineo.jp/charge/

Dプラン(http://mineo.jp/charge/docomo/

乗り換え時に必要なもの・支払い方法

  • ・契約者の本人確認書類
  • ・本人名義のクレジットカード
  • ・MNP予約番号(※電話番号を引き継ぐ方のみ)

対象の契約のタイプによって必要なものが異なってくるので注意しておきましょう。また、mineoでは銀行振替には対応しておらず、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

乗り換えまでの流れ

mineoでは、

  • ・端末+SIMカード
  • ・SIMカードのみ

から選ぶことができます。

mineoに乗り換える前にHow Toページで諸々のステップを確認しておくと、自分に合ったプランが明確になり、よりお得に乗り換えることができるでしょう。

また、料金シミュレーションで端末やプラン、音声通話の有無、データ容量などを選択していくと月額料金、さらに初期費用や月々の差額が分かるようになっています。そのまま申し込みまで進むことも可能です。

参考:http://mineo.jp/howto/

mineo対応のスマホを安く買うならこちらから!

LINEモバイルへの乗り換え方

LINEモバイル

参考:LINEモバイル公式サイト https://mobile.line.me/

LINEモバイルは、LINE株式会社が運営するMVNOの通信サービスです。SNSやLINEは使い放題でデータ消費量はゼロ。FacebookやInstagram、Twitterなどの対象SNSのデータ通信量をカウントしていないので、速度制限になりにくいといった特徴があります。データ消費量の多いLINEやSNSを頻繁に使用する方にはとてもおすすめの格安SIMです。

乗り換え時に必要なもの・支払い方法

  • ・契約者の本人確認書類
  • ・本人名義のクレジットカード
  • ・MNP予約番号(※電話番号を引き継ぐ方のみ)

支払い方法はクレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードから選ぶことができますが、デビットカードや銀行振替での支払いには対応していません。

乗り換えまでの流れ

LINEモバイルでは、

  • ・端末+SIMカード
  • ・SIMカードのみ

から選ぶことができます。

LINEモバイルの料金シミュレータでは、質問に沿って進んでいくと自分にぴったりの料金プランが表示されます。現在の携帯料金からどれくらいお得になるかが分かるようになっているので、このおすすめプランで契約する場合は【おすすめプランで申し込む】をタップ。契約内容に間違いがなければ乗り換えは完了となります。

参考:https://mobile.line.me/order/

LINEモバイル対応のスマホを安く買うならこちらから!

UQモバイルへの乗り換え方

UQモバイル

参考:UQモバイル公式サイト http://www.uqwimax.jp/

UQモバイルは、KDDIグループであるUQコミュニケーションが運営するMVNOの通信サービスです。他の格安SIMのなかでもトップクラスの通信速度を誇るので、安定した回線速度を求める方におすすめの格安SIMといえるでしょう。

「Web」または「店舗」で契約可能

UQモバイルでは、「ネットでの購入」と「店舗での購入」を選ぶことができます。店舗は全国に展開しており、さらにエディオンやビックカメラなどの家電量販店でも取り扱いしているので、実際に店員さんから説明を受けてからプランを選びたい方でも利用しやすいのではないでしょうか。

お近くの店舗を検索する際は、公式サイトから探してみてください。

乗り換え時に必要なもの・支払い方法

  • ・契約者の本人確認書類
  • ・本人名義のクレジットカード/キャッシュカード
  • ・MNP予約番号(※電話番号を引き継ぐ方のみ)

UQモバイルではクレジットカードと銀行振替の支払いに対応しています。

乗り換えまでの流れ

UQモバイルでは、

  • ・端末+SIMカード
  • ・SIMカードのみ

から選ぶことができます。

料金シミュレーションからプランを選択し、最後に現在の携帯料金を入力すると、いくらお得になるか、初期費用がいくらかかるか一目で分かるようになっています。

ただし料金シミュレーションからそのまま申し込むことができないので、入力した情報をもう一度入力しなくてはなりません。必要事項に間違いがなければ申し込み、完了したあとは格安SIMが自宅まで届くようになっています。

参考:http://www.uqwimax.jp/flow/

UQモバイル対応のスマホを安く買うならこちらから!

IIJmioへの乗り換え方

参考:IIJmio公式サイト https://www.iijmio.jp/

IIJmio(アイ・アイ・ジェイ・ミオ)は、インターネットイニシアチブジャパンが運営するMVNOの通信サービスです。老舗の通信会社ならではの安定した通信環境が特徴で、docomo回線とau回線に対応しています。

また、低速状態になった場合でも一定量だけ高速通信することができるので快適にインターネットを使うことができるのです。

「Web」または「店舗」で契約可能

IIJmioでは、格安SIMの即時開通に対応しており、対応店舗ではその場で受け取ることができます。BIC SIMカウンター、イオン SIMコーナーで対応してもらうことが可能ですが、公式サイトの該当ページに記載されている手続き以外は承っていません。その場合はお問い合わせ窓口での対応になるので注意しておきましょう。

乗り換え時に必要なもの・支払い方法

  • ・契約者の本人確認書類
  • ・本人名義のクレジットカード
  • ・MNP予約番号(※電話番号を引き継ぐ方のみ)

IIJmioではクレジットカード以外の支払い方法には対応していません。契約する際はあらかじめクレジットカードの用意が必須となります。

乗り換えまでの流れ

IIJmioの格安SIMへ乗り換える際は、公式サイトの申し込みページから簡単に手続きを進めることができます。希望するプランを選び、申し込み内容に間違いがなければ完了となります。ただし、店舗で受け取る場合は「お申し込みの前に」の内容を必ず確認するようにしましょう。

参考:https://www.iijmio.jp/faq/norikae/

IIJmio対応のスマホを安く買うならこちらから!

DMM モバイルへの乗り換え方

DMMモバイル

参考:DMM モバイル公式サイト https://mvno.dmm.com/

DMMモバイルは、DMM.comが運営するMVNOの通信サービスです。店舗を運営していないので、店舗維持費や人件費などのコストがかからない分、毎月の使用料金がとても安いという特徴があります。

乗り換え時に必要なもの・支払い方法

  • ・契約者の本人確認書類
  • ・本人名義のクレジットカード
  • ・MNP予約番号(※電話番号を引き継ぐ方のみ)

必ず本人名義のクレジットカードが必要になります。DMMモバイルは銀行振込に対応していません。

乗り換えまでの流れ

DMMモバイルは、

  • ・端末+SIMカード
  • ・SIMカードのみ

から選ぶことができます。

DMMモバイルの格安SIMへ乗り換える際は、公式サイトの申し込みページの流れに沿って行えば契約できます。まず、契約するコースとオプションなどを選び、必要な情報を入力します。最後に本人確認用に必要な公的書類を提出すれば完了です。

参考:https://mvno.dmm.com/guide/index.html

DMM モバイル対応のスマホを安く買うならこちらから!

まとめ

今回は特に人気のあるMVNO6社を紹介しました。どのキャリアもネットでの申し込みが可能なので、自宅にいながら気軽に契約ができるでしょう。各社それぞれに特徴や料金の違いがあるので、ご自分に合った格安SIMを見つけてみてくださいね。

また、新たにSIMフリースマホを購入したい方や、お手持ちのスマホがSIMロック解除できるかわからないという方は、スママのチャットで相談することができるので、ぜひそちらも利用してみてください。