クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

【2019年 春版】UQモバイルのsimカードが使えるおすすめ端末・機種まとめ

最終更新日:2019/05/16

UQモバイルは主にHUAWEI、SHARP、OPPOなどの最新のスマホ端末を取り扱っており、人気のiPhoneシリーズも動作確認済み端末となっているため、種類豊富な端末を使うことができる。

そこで、UQモバイルが使えるおすすめの最新スマホ端末をメーカーごとに紹介していき、それぞれの端末の特徴を記載する。

自分の希望するスペックや予算に見合ったスマホ端末を探し検討していただきたい。

UQモバイル

画像引用 : UQモバイル : https://www.uqwimax.jp

1.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoは縁いっぱいまで広がる6.4インチのディスプレイの中に指紋センサーを内蔵しているので、軽く画面に触れるだけで簡単に画面ロックを解除することができる。

価格は3万円台と安価ながら、CPUはSnapdragon660、RAMは4GBを搭載しているので日常的に使うには十分なスペックであり、またストレージは128GBあるので多くの写真を撮っても心配ないだろう。

カメラ性能は背面1,600万画素と200万画素のデュアルカメラで、食べ物、風景、人など16種類のシチュエーションの中から最適なものを選び出しより美しい写真を撮ることができ、さらにポートレートモード機能によって背景をぼかし一眼レフカメラと同等の写真撮影が可能である。

OPPO R17 Neo
発売日 2018年11月22日
価格 38,988円(税込)
OS ColorOS 5.2(based on Android8.1)
RAM/ROM 4GB/128GB
CPU Snapdragon 660 SDM660
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6.4インチ
サイズ 158.3 x 75.5 x 7.4(mm)
重さ 156g

2.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3はHUAWEIが独自開発したKirin 710がCPUとして内蔵され、さらにGPU Turboが搭載されており、高負荷のゲームや複数のアプリを開いたとしてもスムーズに使うことができる。

ディスプレイにあるノッチのサイズを小さくし、カメラ部分のみを残すことで6.21インチのフルビューディスプレイを実現した。

背面カメラは1,300万画素と200万画素のダブルレンズを搭載し、AIを内蔵していることで22のシチュエーションの中から自動で最適なものを選択、より美しい写真撮影が可能である。

また、価格は2万円台と手に入りやすいので非常に使い勝手が良いスマホと言える。

HUAWEI nova lite 3
発売日 2019年2月1日
価格 29,030円(税込)
OS Android 9
RAM/ROM 3GB/32GB
CPU HUAWEI Kirin 710
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6.21インチ
サイズ 155.2 x 73.4 x 7.95(mm)
重さ 160g

3.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:Apple iPhone XR

Apple iPhone XRはiPhone XS/XS Maxと同時期に発売されたモデルで、2019年4月時点で最新のiPhoneである。

iPhone XS/XS Maxと比較するとCPU性能は同じでRAMは3GBと控えめだが、ROMは最大で256GBまで選べるので多くの写真や音楽データ、アプリを保存しておくことが可能だ。

また、XRは価格が9万円台から購入可能とiPhone XS/XS Maxよりも手軽に手に入れられるため、高スペックが必要でなければとてもおすすめのスマホ端末と言える。

HUAWEI nova lite 3
発売日 2018年10月26日
価格 91,584円(税込)
OS iOS 12
RAM/ROM 3GB/64GB、128GB、256GB
CPU Apple A12
外部メモリ なし
ディスプレイ 6.1インチ
サイズ 150.9 x 75.7 x 8.3(mm)
重さ 194g

4.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:SHARP AQUOS sence2

SHARP AQUOS sence2はフルHDのIGZOディスプレイを搭載しており、5.5インチディスプレイで高精細かつ色鮮やかな映像を楽しむことができる。

防水性能はもちろん濡れた手でもタッチパネルがスムーズに反応するように作られており、料理中や洗い物をしながらでもスマホで動画を見るなど快適に操作することが可能だ。

カメラ性能はイメージセンサーのピクセルサイズを大きくして明るいレンズを搭載することで暗所や屋内などでも被写体をしっかりと映し出して撮影ができるので、場所を選ばず写真撮影を楽しめる。

SHARP AQUOS sence2
発売日 2018年12月27日
価格 36,396円(税込)
OS Android 8.1
RAM/ROM 3GB/32GB
CPU Snapdragon 450 SDM450
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 5.5インチ
サイズ 148 x 71 x 9.4(mm)
重さ 155g

5.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:SONY Xperia XZ3 SO-01L

SONY Xperia XZ3 SO-01LはXperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを採用ており、6インチのディスプレイで色彩豊かな映像や夜景などの暗がりもくっきりと映し出すことに成功した。

CPUはSnapdragon 845、RAMは4GBとハイスペックなので高負荷のゲームもスムーズに動作可能、さらにダイナミックバイブレーションシステムという動画やゲームの音に合わせて端末が振動する機能を搭載しておりその場にいるかのような臨場感を感じられるだろう。

Xperia XZ3 SO-01Lのカメラは、イメージセンサー、画像処理エンジン、レンズの全てをSONYが独自に開発した最新のものを搭載しておりこだわりが感じられる。

4KのHDR動画撮影、スーパースローモーション撮影や、一眼レフカメラのようにISO感度、シャッタースピードを細かく設定できるマニュアルモードなどSONYだからこその技術が多く搭載されている。

SONY Xperia XZ3 SO-01L
発売日 2018年11月9日
価格 98,496円(税込)
OS Android 9
RAM/ROM 4GB/64GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6インチ
サイズ 158 x 73 x 9.9(mm)
重さ 193g

6.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:ASUS ZenFone Max (M2)

ASUS ZenFone Max (M2)は画面占有率88%の6.3インチディスプレイが縁いっぱいにまで広がっており、映像やゲームを迫力ある大画面で楽しむことができる。

価格は2万円台でありながら、CPUはSnapdragon 632を搭載、RAMは4GBとネットやマルチタスクなど日常的に使う機能を快適に動かすことができ、コストパフォーマンスが高い機種だといえるだろう。

背面カメラはAI搭載のデュアルカメラで13種類のシチュエーションから自動で適切なものを選択しより美しい写真を撮影することが可能、また4000mAhのバッテリーを内蔵しておりバッテリー切れを気にすることなく長時間扱えるので安心できる。

ASUS ZenFone Max (M2)
発売日 2019年3月15日
価格 28,620円(税込)
OS Android 8.1
RAM/ROM 4GB/32GB
CPU Snapdragon 632 SDM632
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6.3インチ
サイズ 158.4 x 76.2 x 7.7(mm)
重さ 160g

7.UQモバイルが使えるおすすめスマホ:HTC U12+

HTC U12+の端末カラーはトランスルーセントブルー、フレームレッド、セラミックブラックの3色があり、特にトランスルーセントブルーは端末のバックパネル中央部分が半透明に透けておりブルーのグラデーションが美しいデザインとなっている。

CPUにSnapdragon 845を搭載し、RAM6GB、ROM128GBと高いスペックのおかげで負荷のかかるゲームや高解像度の動画を快適に楽しむことができる。

背面カメラ、内側カメラのどちらもデュアルカメラを搭載しており簡単にプロのカメラマンのような写真を撮ることができ、最先端のオートフォーカス機能によってどんなに対象が動いていてもピントを合わせることが可能である。

HTC U12+
発売日 2018年7月20日
価格 96,984円(税込)
OS Android 8.0
RAM/ROM 6GB/128GB
CPU Snapdragon 845 SDM845
外部メモリ microSDXCメモリーカード
ディスプレイ 6インチ
サイズ 156.6 x 73.9 x 9.7(mm)
重さ 188g

スマホ端末のみの購入

スマホ端末を購入する場合は基本的にau、ドコモ、ソフトバンクなどの各キャリア、MVNOが提供している回線を契約した上でSIMカードとセットになることが多いが、スママなどの中古販売サイトやオークション、家電量販店などではスマホ端末のみを買うことができる。

すでに格安SIMを使っていてスマホ端末のみを変えたい場合は、中古スマホ販売サイトなどで最新のスマホ端末から1世代前の端末まで豊富な種類を取り扱っていて、さらに定価より安くなっているのでおすすめだ。

家電量販店ならば各メーカーの最新のスマホ端末を店頭で実際に手に取ることができるので、自分の求めるサイズなのか、動作はスムーズであるかなどを確かめることができ、また店舗にいる専門のスタッフにわからないことを相談することができる。

まとめ

UQモバイルはHUAWEI、SHARP、OPPOなどのスマホ端末を提供しつつ、iPhoneなど人気の端末も動作確認済みであれば使うことができるので幅が広い。

中古スマホ販売サイトのメリットは、ハイスペックを必要とせずネットなど日常的に使える程度でよければ、1世代前の機種を定価より非常に安く買うことができるのでおすすめだ。

また、スマホ端末のみを購入する際は、UQモバイルの「動作確認端末一覧」を確認した上でスマホ端末を探すようにしてほしい。