クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

インスタントカメラを安く買うならどこで買うべき?中古で買うのもありなのか?

最終更新日:2019/05/29

インスタントカメラは、撮影後に現像を行う特殊なフィルムを搭載したカメラで、撮影後すぐに写真としてみることができる事を特徴としている。

インスタントカメラは、デジカメやカメラ付携帯電話などの普及で一時期市場は落ち込んだが、近年は、デジカメやスマホにはない持ち味があるということで再び売れ始め、市場も増加に転じている。

インスタントカメラは、普及版はそれほど高額ではないが、中には数万円するものもあり、インスタントカメラを購入するときは、インスタントカメラを安く販売する販売店を探すことも大切となってくる。

ここでは、インスタントカメラを安く販売する販売店について、や、中古のインスタントカメラの購入について記載する。

インスタントカメラを中古で安く買う

インスタントカメラには販売価格が安くなる時期がある

最初に、インスタントカメラには販売価格が安くなる時期があることについて記載する。

インスタントカメラなどのカメラ機器や家電製品は、時期によって販売価格が変動することがあるため、販売価格が安くなった時期が、その製品の買い時であるといえる。

販売価格が安くなる時期であるが、まず挙げられるのが、販売店やメーカーの決算時期で、販売店やメーカーは、決算に向けて売上を増やす必要があり、そのため販売促進のために販売価格を安くするセールを実施することが多く、その影響で販売価格が安くなるのである。

また、一般企業や官公庁のボーナス支給時期も、販売価格が安くなる時期として挙げられ、こちらは、ボーナスが支給されたことで消費意欲が普段より高くなっていることから、こちらも販売促進のために販売価格を安くするセールを実施するため、販売価格が安くなるのである。

さらに、新製品が販売される時期も、販売価格が安くなる時期であり、こちらは、新製品が販売されると売れ行きが鈍る現行製品を、新製品発売前に売ってしまいたい、ということで、現行製品の販売価格を下げて販売するため、結果的に販売価格が安くなるのである。

ただ、新製品が販売される時期は、製品によって異なるので、この場合の販売価格が安くなる時期は、製品によって時期は異なる。

インスタントカメラの場合は、スマホや季節家電のように1年のこの時期に新製品が発売されるといったような傾向はないことから、メーカーのホームページなどに新製品発売の情報が出たら、インスタントカメラの販売価格を確認して、販売価格が下がるようなら購入するといいだろう。

インスタントカメラを安く販売する販売店について

インスタントカメラは、家電量販店やカメラ専門の量販店、ホームセンター、ディスカウントストアのような実店舗のほか、ネット通販などで販売されている。

この中で販売価格が安い販売店といったら、やはりネット通販となるだろう。

ネット通販は、実店舗のように商品を展示するスペースや、販売対応をする販売員が必要ないことから、それらにかける経費、光熱費や人件費などを削減することができ、削減した分を販売価格の値引きに回すことで、実店舗より安く販売することができるのである。

そのため、インスタントカメラを購入するのであれば、販売価格が安いネット通販で決まり!、と思う方もいるかもしれないが、実店舗で購入する場合には、ネット通販にはないメリットがある場合がある。

例えば、実店舗では、インスタントカメラの実物を置いてあるので、見て触れて操作することができる、というメリットがある。

外観や操作方法は、ネットでも検索すれば確認することはできるが、質感や実際の大きさ、重量は実物に触れないとわからない場合が多い。

スペックはわかっても、実際に触れてみると、思ったより大きかったり重かったりすることはよくあることで、それらは、実物に触れないとわからないことであり、それらがわかるのは、実物をおいてある実店舗ならではのメリットといえる。

また、実店舗で行われる前述の決算期のセールなどにおいて、人気のインスタントカメラが目玉商品として、ネット通販より安い販売価格で販売される場合もある。

期間限定なので常にネット通販より安いわけではないが、インスタントカメラをより安く購入する場合は、見逃せないイベントであり、このような突発的に安くなるのは、実店舗のメリットといえるかもしれない。

インスタントカメラは、様々な販売店で販売されているが、それぞれの販売店で特徴があることを把握して、インスタントカメラを購入するときに参考にするといいだろう。

中古のインスタントカメラを購入しても大丈夫か

安くインスタントカメラを購入する場合は、中古のインスタントカメラの購入を検討することもあるだろう。

中古品は、インスタントカメラに限らず、新品よりかなり安く購入できる場合が多いからである。

しかし、中古ということで、以前に使用されていた製品であり、そのような製品を購入しても大丈夫か、と懸念を抱く人もいるかもしれない。

中古のインスタントカメラを購入する時は、いくつかの点で確認する必要があるが、それらが問題なければ、購入しても大丈夫といえるだろう。

中古のインスタントカメラを購入するときにまず確認する点として製造年があり、なるべく新しいものを購入したほうがいいだろう。

製品は、長い間使用していると部品などが劣化して、性能が落ちたり故障しやすくなる場合が多い。

中古品は、新品より長く使用されているため、当然ながら新品より劣化している可能性が高く、古いものになると、すぐに故障してしまう可能性もなくはない。

そのため、中古のインスタントカメラでもできるだけ新しいものを購入したほうがいい、となるのである。

また、確認する点としてインスタントカメラの外観があり、汚れがひどかったり、深い傷や凹みがあるものはさけたほうがいいだろう。

インスタントカメラは、屋外でも使用する場合が多いので、汚れや傷がつきやすい製品といえるが、汚れがひどかったり傷だらけでは見た目が悪いほか、深い傷や凹みがある場合は、外側だけでなく内部の部品にもダメージがある可能性があり、動作が不安定になったり、故障が頻発したりする原因にもなるので、そのようなものは避けた方がいいだろう。

インスタントカメラを安く販売する販売店について、や、中古のインスタントカメラの購入について記載した。

インスタントカメラは、様々な販売店で販売されているが、それぞれに特徴やメリットがあり、また中古のインスタントカメラも購入の候補として考えられることから、インスタントカメラを購入するときは、予算や時期、機種など、いつどこでどのようなインスタントカメラを購入するのが自分にとって最適なのかを検討したうえで購入するといいだろう。