クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
全国どこでも
送料無料
相談受付中!お気軽にお問い合わせください
support@smama.jp

auから格安スマホ(格安SIM)への乗り換え方法

最終更新日:2019/05/27

高い料金や2年縛りなどの問題でau(エーユー)のスマートフォンにストレスを感じる人におすすめとなるのが、これから紹介する格安スマホや格安simへの乗り換え方法の実践です。MNP(携帯電話番号ポータビリティ)という各社共通の仕組みを用いると、長年auのスマートフォンで使っていた番号の引き継ぎも可能となります。

今回は、auから格安スマホ(格安sim)への乗り換え方法の流れと、スムーズかつ確実な手続きに欠かせないいくつかの注意点を皆さんと一緒にチェックしていきます。

>> SIMフリー版スマホの中古・美品・新品端末一覧

smartphone

格安スマホや格安simへの乗り換え準備は、何から始めれば良い?

今話題の格安スマホや格安simへの乗り換えをする上で最初にすべきなのは、欲しい機種・契約するMVNO会社・購入場所の3つをある程度、絞り込んでおくことです。転出元であるauと転入先となる2つの会社で手続きをおこなうMNP乗り換えの場合、このシステムならではとも言える条件によってスピード感を持った対応が必要となります。そのため基本的には、下記のどの方法で購入・契約するかをあらかじめ決めておくのが理想となるでしょう。

  • ・MVNO会社で格安スマホとSIMカードをセット購入する
  • ・家電量販店で格安スマホとSIMカードをセット購入する
  • ・中古スマホ専門店で格安スマホとSIMカードをセット購入する
  • ・スマホ端末とSIMカードを別々に購入、契約する

端末のみをSIMと別々で購入する方は事前にこちらもチェックしてください。

>> 格安スマホの端末のみの購入方法とメリット・デメリット

格安スマホや格安simの種類や知識がない場合はどうすれば良い?

初めて格安スマホへの乗り換えをする際に、メーカーや端末選びに関する知識がない場合は、今のauスマホで困っていることや、次の契約で改善したい悩みや問題などをメモしておくだけでも契約がスムーズになります。また格安スマホに求めるオプションや機能があれば、それらも積極的に販売店側に伝えるのがおすすめとなるでしょう。

まずauでMNP予約番号を取得する

格安スマホや格安simの商品や買い方がある程度決まったら、ようやくau側で乗り換え手続きが始まります。このステップで取得するMNP予約番号は、転出元と転出先がどこであれ、今まで使っていた携帯電話番号を引き継ぐ際には必ず取得すべき情報となります。ちなみにauでは、下記3つの方法でMNP予約番号の取得ができる形にしています。

  • ・電話
  • ・EZweb
  • ・auショップの店頭

これらの中で最もおすすめ度が高いのは、EZwebというサービスを使ってネットから予約申込みをする方法です。EZwebによるMNP予約番号の取得は、9時〜21時が受付時間となっています。自宅に居ながらにして手続きのできるこの手段には、店頭での申込みで生じる待ち時間などの問題がありません。またスタッフやオペレーターと話をすることもないEZwebは、気軽に解約や格安スマホへの乗り換えをしたい方々にも利用のしやすいサービスとなるでしょう。

格安スマホ(格安sim)の申し込みと開通の手続きのポイント

上記の手順でauよりMNP予約番号が発行されたら、下記のポイントに注意しながら最初に決めたMVNOや家電量販店などで、格安スマホやSIMカードの申込み手続きに入っていきます。

MNP転入先での申込みは早くおこなう

MNP予約番号の取得からMVNOへの申込みは、なるべく当日〜翌日のうちにおこなうのが理想とされています。まずMNP予約番号には、15日間という共通の有効期限があります。

またやり取りをしているうちに期限切れになってしまうトラブルを避けたいと考える一般的なMVNOでは、「有効期限の残10日以上」や「番号取得から2日以内」といった独自のルールを設けているため、注意が必要です。

MVNOや家電量販店での申込み方法は基本的に2種類

格安スマホへの申込み方法は、実店舗かオンラインショップのいずれかから選ぶ形となります。担当者に希望条件を伝えながら端末やSIMカードを選べる実店舗には、不安や疑問をその場で解消できたり、当日中に開通させられるメリットがあります。

これに対して自宅でおこなえるオンライン申込みには、余計な待ち時間がかからないことや、ショップ担当者からの勧誘に流されずに自分の希望する商品をじっくり選べるメリットがあるようです。

MVNO格安の契約方法についてこちらも参考にしてください。

>> 格安SIMに乗り換えたい方必見!契約方法や有名MVNOの特徴まとめ

格安スマホ初心者でもオンライン申し込みはおこなえる?

大手キャリアと比べて実店舗の少ないMVNO会社の多くは、電話やチャット、メールなどによるサポート体制を充実させています。そのため、初めて格安スマホに申込みをする方々でもこうした機能を使った質問や問い合わせは可能です。

ただし格安スマホや料金プランの違いが上手くイメージできなかったり、申込者自身が優柔不断の場合は、スムーズに申込みが進まないことによりあっという間にMNP予約番号の有効期限が迫ってしまうこともあるようです。こうしたトラブルを防ぐためには、最初に説明したように、MNP予約番号の取得前にある程度の欲しい機種・契約するMVNO会社・購入場所を絞っておく必要があると言えるでしょう。

オンライン申込み後、商品到着までにすべきこと

オンラインショップを使って格安スマホやSIMカードの申込みをした場合、商品が届くまでの間にデータ移行の方法を決めておかなければなりません。一般的なデータ移行は、Googleアカウントや専用アプリなどを使っておこなわれます。

移行可能なデータの種類や容量といった条件は、ツールによって異なります。そのため、オンライン申込みからSIMカードが到着するまでの期間は、自分の移行したいデータ項目とその作業に適したアプリを選定しておく必要があると捉えた方が良いでしょう。ちなみに日頃からバックアップをおこなっているユーザの場合、同じアプリを活用することで、乗り換え時の移行もスムーズにできる傾向があるようです。

MVNO会社から届いた格安スマホはすぐに使えるの?

申し込んだ格安スマホや格安simのカードは、MVNO会社で開通手続きをおこなわない限り、通信通話は基本的にできません。こうした手続きの簡略化を考える企業の中には、商品到着から2〜3日後に自動で開通させるサービスをおこなうところもあるようです。ただしこの方法で開通をさせる場合、自動切り替えまでに2〜3日間は電話やネットが不通になるという問題が生じます。

仕事で使う電話番号なので、なるべく不通期間を短くしたい

自動切り替えにより携帯電話が2〜3日もの長きに渡って不通となってしまう問題は、申込者が自ら受付センターでの開通手続きをおこなうことで解消可能となります。専用の開通受付センターを持つ楽天モバイルでは、ドコモ回線への申込みなら9時〜20時39分まで、au回線への乗り換えでは10時〜18時50分までの申込みで、当日中の切り替え完了できるシステムとしているようです。

そのため例えば、楽天モバイルのドコモ回線への乗り換えをする人が20時30分に開通受付センターへの電話をした場合は、最長でも20時30分〜24時までの間に格安スマホで電話やネットができる形になると捉えて良いでしょう。この切替時間もストレスになる場合は、その場で切り替えをしてくれる店頭での申込みをするしかありません。

今まで使っていたauの解約はどのタイミングでおこなわれるの?

MNP転出をするau回線は、新しい格安スマホ側で切り替え手続きが完了するまで契約が継続していると考えられます。そのため、au側からMNP予約番号を発行してもらっても、古いスマホで通信通話ができている限り、auの月額料金は発生し続けていると捉えた方が良いでしょう。

まとめ

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)という制度により、auなどの大手キャリアから格安スマホや格安simへの乗り換え方法もシンプルな流れでおこなえるようになりました。ただしスマホ端末や料金プラン、オプションといった商品の選定はお客様自身が考えることとなりますので、将来的に格安スマホへの乗り換えをする場合は、早めに各社のサイトを見て情報収集や比較検討をしておくのが理想となるでしょう。